○△□ ∞ 鶴千亀万

「七転八起」の精神なれど「七転八倒」の現実、せめて「三転四起」へ

喫茶去[草間弥生展]

2017-05-20 | 休憩

◎ 本当に、ユニークな作品ばかりですね〜

草間彌生プロフィール

(春秋)東京・六本木の国立新美術館で22日まで開かれている草間彌生展がにぎわっている。平日の昼にもかかわらず、まず外の入  :日本経済新聞

 東京・六本木の国立新美術館で22日まで開かれている草間彌生展がにぎわっている。平日の昼にもかかわらず、まず外の入場券売り場で30分前後。展示室入り口でもほぼ同程度。2回の行列を経て会場に入ると、観客の手元からシャッター音がしきりに鳴り響いていた。

▼催しの中心となる大きな展示室の作品は撮影自由となっているからだ。くっきりした造形、カラフルな色使いの草間作品は、彫刻も絵も写真に映える。会場での写真はスマートフォンから時にその場でネットに送られて友人知人などの目にふれ、さらに鑑賞者を呼び寄せる。こうした口コミ効果も集客に拍車をかけている。

▼「ここで写真を撮り、ネットに載せてください」。新しく開業した商業施設では、そんな写真映えする一角をわざわざ設ける例も目立つ。投稿、閲覧、感想のコメント記入と、写真を介したコミュニケーションが盛んになる裏に、楽しさ、新鮮な驚き、感動などプラスの体験を多くの人と分かち合いたい心理が垣間見える。

▼心の病と闘いつつ渡米し、斬新な試みの数々が世界で評価された草間さん。エネルギーに満ちた絵は見ていて元気になるとの声も多い。作者の生き方と作品の楽しさと。2つの魅力に加え、訪れた人々による写真のやりとりがファンをさらに広げる。絵はがきなどの売り場は待ち時間50分。行列の長さが感動の深さを示す。

[草間弥生展]開催前_30sec  〜5月22日


草間彌生展「わが永遠の魂」2017年2月22日(水)- 5月22日(月)から東京・六本木の国立新美術館で開催。草間芸術の魅力を余すところなく伝える集大成となる展覧会です。

ドキュメンタリー映画 「≒草間彌生 わたし大好き」予告

  1. 《いまわしい戦争のあとでは幸福で心が一杯になるばかり》2010年《いまわしい戦争のあとでは幸福で心が一杯になるばかり》2010年
  2. 《恋のはじまり》2010年《恋のはじまり》2010年
  3. 《あこがれ》2010年《あこがれ》2010年
  4. 《野に果てる》2010年《野に果てる》2010年
  5. 《初恋の物語》2011年《初恋の物語》2011年
  6. 《天国に咲く花》2011年《天国に咲く花》2011年
  7. 《わが心のふるさと》2012年《わが心のふるさと》2012年
  8. 《初恋》2012年《初恋》2012年
  9. 《私の愛する星の精》2012年《私の愛する星の精》2012年
  10. 《夕映えの星くず》2012年《夕映えの星くず》2012年
  11. 《幸福の姿》2013年《幸福の姿》2013年
  12. 《星は語っている》2013年《星は語っている》2013年
  13. 《わたしの大好きな眼たち》2013年《わたしの大好きな眼たち》2013年
  14. 《みんなは平和を求めている》2013年《みんなは平和を求めている》2013年
  15. 《人間たちの営み》2013年《人間たちの営み》2013年
  16. 《宇宙にやって来た私》2013年《宇宙にやって来た私》2013年
  17. 《花園に立ちて》2013年《花園に立ちて》2013年
  18. 《星の精》2013年《星の精》2013年
  19. 《海底の物語》2014年《海底の物語》2014年
  20. 《私の愛する人々》2014年《私の愛する人々》2014年
  21. 《静寂の中で生きる》2014年《静寂の中で生きる》2014年
  22. 《永却の死》2014年《永却の死》2014年
  23. 《しのびがたい愛の行方》2014年《しのびがたい愛の行方》2014年
  24. 《行こう、空の彼方へ》2014年《行こう、空の彼方へ》2014年
  25. 《幸いのすべて》2014年《幸いのすべて》2014年
  26. 《夕焼けの花壇》2014年《夕焼けの花壇》2014年
  27. 《死の美しさ》2014年《死の美しさ》2014年
  28. 《心》2015年《心》2015年
  29. 《私に愛を与えて》2015年《私に愛を与えて》2015年
  30. 《開花の季節に涙するわたし》2015年《開花の季節に涙するわたし》2015年 
  31. 《人類の愛のすべて》2015年《人類の愛のすべて》2015年
  32. 《命の限り》2015年《命の限り》2015年
  33. 《わたしは漫画家になりたい》2015年《わたしは漫画家になりたい》2015年
  34. 《幻の世界へ行こう》2015年《幻の世界へ行こう》2015年
  35. 《原爆の足跡》2016年《原爆の足跡》2016年
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 喫茶去 「【傑作特集】 第2... | トップ | 喫茶去 「青山繁晴 On The R... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL