○△□ ∞ 鶴千亀万

「七転八起」の精神なれど「七転八倒」の現実、せめて「三転四起」へ

喫茶去「指揮者;ダニエル・バレンボイム 」日経春秋2017.6.15紹介

2017-06-15 | 休憩

◯世の中には、偉い人が大勢いますね〜 

(春秋)アルゼンチン生まれの世界的な指揮者ダニエル・バレンボイム氏は11日、パレスチナ自治区のヨルダン川西岸でタクトを振  :日本経済新聞

 アルゼンチン生まれの世界的な指揮者ダニエル・バレンボイム氏は11日、パレスチナ自治区のヨルダン川西岸でタクトを振った。1967年6月の第3次中東戦争、いわゆる6日間戦争でイスラエルが支配下におさめ、以来ユダヤ人による入植を進めてきた土地である。

▼イスラエル軍の空爆で幕を開けた戦闘そのものは、あっけないほど短時間で幕を閉じた。イスラエルが完勝したことは、その後の中東、ひいては世界の歩みに、はかりしれない影響をおよぼしてきた。あれからちょうど半世紀。「あの戦争を忘れない」。そんな思いを込めたコンサートなのだと、本人は語ったそうである。

▼もともとバレンボイム氏はユダヤ人である。1952年にはイスラエル国籍を取得した。けれど、ヨルダン川西岸やガザなどをイスラエルが占領し続けていることには厳しい批判を浴びせてきた。パレスチナとの平和共存こそはイスラエルにとって最良の安全保障になる。そうした信念が、政治的な発言からはうかがえる。

▼「アラブの春」や過激派組織「イスラム国」(IS)の台頭などの陰に隠れ、近年パレスチナ問題は以前ほど話題にならないが、中東の混迷のいわば通奏低音として鳴り続けている。バレンボイム氏にはイスラエル国内からもイスラム世界からも非難の声が届く。勇気ある発言をくり返す姿は、巨匠の呼び声にふさわしい。

東芝グランドコンサート ダニエル・バレンボイム コメント動画

2015/11/18 に公開

東芝グランドコンサート 35周年特別企画
シュターツカペレ・ベルリン ~ベルリン国立歌劇場管弦楽団~

チケットのお求めはローソンチケットで!
http://l-tike.com/classic/t-gc/?ltksa...

<指揮>
ダニエル・バレンボイム(2/23、24、25公演を除く。ピアノ独奏=1/31、2/3、4、9、10、11、13、15、20公演)
ダーヴィト・アフカム(2/23、24、25公演)

<管弦楽>
シュターツカペレ・ベルリン ~ベルリン国立歌劇場管弦楽団~

 

Daniel Barenboim Beethoven "Moonlight Sonata" (complete)


**♪ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番ハ短調Op.13『悲愴』 / ダニエル・バレンボイム(ピアノ) 2005年6月~7月

2016/11/19 に公開

 

♪ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番ハ短調Op.13『悲愴』 / ダニエル・バレンボイム(ピアノ) 2005年6月~7月
08. Beethoven : Piano Sonata No. 8 In C Minor, Op.13 "Pathetique" : Daniel Barenboim
ベートーヴェン・ベスト~ピアノ・ソナタ全集/ダニエル・バレンボイム
https://www.youtube.com/playlist?list...

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月14日(水)のつぶやき | トップ | memo ∞「中川政七商店/伝統... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL