○△□ ∞ 鶴千亀万 人間百年

『鶴は千年、亀は万年、人間は五十年から百年へ』

memo ∞「神社 片足鳥居 山王神社  被爆クスノキ 福山雅治」8月9日

2017-08-09 | 雑記

◯8月9日、この日に改めて見ると、いい動画であると実感します!

神社 片足鳥居 山王神社  被爆クスノキ 福山雅治

2014/11/18 に公開

神社 山王神社
寛永15年(1638年)、島原の乱の鎮圧のため長崎に赴いた松平信綱が、浦上街道(長崎街道の脇道)沿いの地を通りがかった際、その景色が近江の比叡山に似ており、地名も比叡山の鎮守である山王権現(現日吉大社)の鎮座地坂本(現滋賀県大津市坂本)と共通する事から山王権現の勧請を思い立ち、長崎代官の末次平蔵と計って「山王神社」として創祀されたと伝わる。当初の鎮座地は現社地の近くであったと思われるが不明で、一説に北北西に1キロ程隔たった岡町付近であったともいう。

その後慶安元年(1648年)に長崎寺町の延命寺の開基である龍宣により山王権現を本尊とする白巌山観音院円福寺(えんぷくじ)と号する新義真言宗の寺院となるとともに延命寺の末寺とされ(延命寺自体は京都仁和寺を本寺としていた)、承応元年(1652年)に鎮座地が墳墓に近いという理由で延命寺2代目住職の卒覚が現社地に遷座、以降江戸時代を通じて寺院としての歴史を歩む。

明治初年の神仏判然令を受け、同元年(1868年)に円福寺を廃して神社となり「日吉神社」と改称、その後村社に列した。

一本柱鳥居
山王神社の参道には、一の鳥居から四の鳥居までありましたが、1945年(昭和20年)8月9日の原爆投下により、爆風に対して並行に建っていた一の鳥居と二の鳥居を残し、あとはすべて倒壊してしまいました。
一の鳥居はほぼ原型のまま、二の鳥居は爆風で笠石がねじまげられ、爆心側の左半分が吹き飛ばされたものの奇跡的に右半分だけの一本柱の状態で残りました。しかし戦後の昭和37年、一の鳥居は交通事故により倒壊したため現在も当時のままの姿で立っているのは、二の鳥居だけとなりました。

被爆クスノキ
原爆被災の貴重な遺構として、長崎市指定天然記念物に指定されています。
山王神社の境内入口にそびえる2本のクスノキは、樹齢約5~600年、胸高幹囲がそれぞれ8メートルと6メートルで、長崎市内にあるクスノキの巨樹の一つです。共に昭和20年の原爆で主幹の3分の1以上を失ったため、 樹高は10メートル内外ですが、四方に張った枝は交錯して一体となり、東西40メートル、南北25メートルの大樹冠を形成しています。原爆被災により一時落葉し枯れ木同然になったにも係わらず、2年程度の後、奇跡的に再び新芽を芽吹き、次第に樹勢を盛り返し今日に至っています。また、蘇った大楠に直接手を触れ、その生命力にあやかろうと毎日多くの参拝者の方が訪れています。

風を受けると聞こえる葉音は環境省の“残したい日本の音風景百選”にも選ばれています。
全国で人々が地域のシンボルとして大切にし、将来に残していきたいと願っている音の聞こえる環境「音風景」の公募があり、全国各地より多数の推薦の中から、「山王神社境内の楠の葉ずれの音と其れを取り巻く周囲の方々の愛着」が高く評価され、長崎県において唯一の認定となりました。

片足鳥居,長崎市 片足鳥居,山王神社 長崎,一本鳥居,一本足鳥居,長崎 原爆 鳥居,長崎 片足鳥居,山王神社片足鳥居,山王神社の一本足鳥居,山王日枝神社鳥居,長崎被爆クスノキ,山王神社の一本足鳥居,山王神社被爆クスノキ,福山雅治被爆二世,福山雅治,福山雅治クスノキ,福山雅治 被爆,福山雅治 山王神社,山王神社,被爆クスノキ,片足鳥居,原爆,長崎原爆,アフィリエイト成功サイト,被爆クスノキ募金,チャリティー,爆心地,戦争,長崎観光地,長崎観光,長崎名所,神社,福山雅治 クスノキ,楠,楠木,神社モドキ,上賀茂神社,神社検定,博麗神社例大祭,大国魂神社,子宝神社,厳島神社アクセス,川越氷川神社,縁結び 神社,満福神社


今朝のツイートより

渡邉英徳‏ @hwtnv 72年前の今日,この時刻。1945年8月9日11:02,長崎原爆投下。写真は爆風で破壊された山王神社の鳥居。いまもこの姿で現存している。ニューラルネットワークによる自動色付け。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月8日(火)のつぶやき | トップ | 8月9日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL