○△□ ∞ 鶴千亀万

『鶴は千年、亀は万年、我は天年』+『東方朔(とうぼうさく)は八千年』

喫茶去「尾崎豊 没後25年に思う」

2017-04-29 | 休憩

『これからは何が俺を縛り付けるんだろう』…コミュニケーションの困難さを乗り越えて、生きることに希望を持てる歌詞・歌手!…多少の縁あって、彼のマネージャーであった方と知り合って、「縁」を感じています。

「昭和の日」平成29年4月29日 日経新聞朝刊の「春秋」に引用あり、思い起こしました。

日経春秋:

 25年前の4月25日。ミュージシャンの尾崎豊さん急死の報が流れたのは土曜日の午後だった。ひよっこ記者として、東京都足立区の警視庁千住警察署に駆けつけた記憶は今も鮮明である。副署長の席の前に陣取って、刻々と入ってくる情報に耳を澄まし、メモをとった。

▼「15の夜」「I LOVE YOU」などの曲で若者の教祖と仰がれながら、26歳で迎えた衝撃の終幕だった。30日にあった追悼式の参列者は雨中に3万7000人を超えている。学校や社会での閉塞感をストレートに代弁し、時に甘美な旋律に包んだ。音楽が青春のさまざまな苦悩に寄り添った時代だったといえようか。

▼顧みれば当時、インターネットやメールは普及していない。携帯電話はまるでダンベルだった。親友であれ、苦手な人であれ、意思の疎通には今より一手間か二手間、余計にかかった気がする。不器用なティーンには音楽が気持ちを通わすツールでもあったろう。追悼式でもギターを鳴らすファンの周りに輪ができていた。

 

▼今、若者は一日中、お守りのようにスマホを握りしめる。好みの情報には心地よく浸り、そのほかは反発する以前に素通りだ。「これからは何が俺を縛りつけるだろう」。尾崎さんは歌で絶叫した。技術は図らずも若者と周囲の対決色を薄めたかもしれない。しかし、次代を創る気概まであせていないことは切に祈りたい。

尾崎豊 没後25年 特集

2017/04/26 に公開

尾崎豊 15の夜 歌詞つき

2012/01/12 にアップロード

 

15の夜いいうたですよね
感動します
歌詞です

落書きの教科書と 外ばかり見ている俺
超高層ビルの上の空 届かない夢を見ている
やりばのない気持ちの 扉破りたい
校舎の裏 煙草ふかして 見つかれば逃げ場もない
しゃがんで かたまり 背を向けながら
心のひとつも 解りあえない 大人達をにらむ
そして 仲間達は今夜 家出の計画をたてる
とにかく もう 学校や家には 帰りたくない
自分の存在が 何なのかさえ 解らず震えてる 15の夜
盗んだバイクで走り出す 行く先も 解らぬまま 暗い夜の 帳りの中へ
誰にも 縛られたくないと 逃げ込んだ この夜に
自由になれた気がした 15の夜
冷たい風 冷えた身体 人恋しくて
夢見てる あの娘の家の横を サヨナラつぶやき 走り抜ける
闇の中 ぽつんと光る 自動販売機
100円玉で買える ぬくもり 熱い缶コーヒー 
握りしめ 恋の結末も 解らないけど
あの娘と俺は 将来さえ ずっと夢見てる
Oh 大人達は心を捨てろ 捨てろと言うが 俺はいやなのさ
退屈な事業が 俺達の全てならば
なんてちっぽけで なんの意味もない なんて無力な 15の夜
盗んだバイクで走り出す 行く先も解らないまま 暗い夜の 帳りの中へ
覚えたての 煙草をふかし 星空を 見つめながら
自由を求め続けた 15の夜
盗んだバイクで走り出す 行く先も 解らぬまま 暗い夜の 帳りの中へ
誰にも 縛られたくないと 逃げ込んだ この夜に
自由になれた気がした 15の夜
Oh... Oh... Oh... Oh... Oh... Oh...


(コメント)

okada funfunokada funfun 尾崎豊のお兄さんの尾崎康さんが講演会で仰っていましたが「『15の夜』の歌詞にでてくる"盗んだバイク"は私のバイクだった」そうです。豊少年はお兄さんのバイクを勝手に借りて乗ってたことを「盗んだバイク」とカッコつけて歌ってたんですね。なんかかわいい。


Takahiro  MiyoshiTakahiro Miyoshi 歌の歌詞を文字としてしかとらえずに、字面だけで読み取って解った気になるとこの曲に対して「犯罪の助長だ」とか「影響を受けた子供たちが」なんて言い出す。しっかりと言語力を伸ばすように教育して、この歌詞の行間を読んで、歌っている声の調子を聞いて、そうすればきっと「非行の歌」なんて呼べなくなるはず。たとえ文字だけでこの歌詞を考えたとしても「逃げ込んだ」「自由になれた"気がした"」「分かり合えない」などの歌詞の主人公への否定的な言葉が見つかるでしょうに。けっしてこの歌は「盗んだバイクで走りだす俺ってワイルドで格好いいだろう」みたいなおバカな歌詞ではないのに。この曲を聞いたから非行に走った何て言ってる場合、悪いのはこの歌ではなくて「聞く側の読解力」だと思ってしまう今日この頃。


【名曲】 尾崎豊 息子 尾崎裕哉 音楽の日 I LOVE YOU 始まりの街  必見映像!
2016/07/18 に公開

尾崎豊「I LOVE YOU」
2014/09/27 に公開

1985年1月12日(日本青年館)

I lOVE YOU /尾崎豊

2007年03月02日 23:31

I love you 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ
I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋
何もかも許された 恋じゃないから
二人はまるで 捨て猫みたい
この部屋は 落葉に埋もれた空き箱みたい
だからおまえは 小猫の様な泣き声で
きしむベッドの上で 優しさを持ちより
きつく躰 抱きしめあえば
それからまた二人は 目を閉じるよ
悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に

I love you 若すぎる二人の愛には 触れられぬ秘密がある
I love you 今の暮らしの中では 辿り着けない
ひとつに重なり 生きてゆく恋を
夢見て 傷つくだけの二人だよ
何度も 愛してるって聞くおまえは
この愛なしでは 生きてさえゆけないと
きしむベッドの上で 優しさを持ちより
きつく躰 抱きしめあえば
それからまた二人は 目を閉じるよ
悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に

      「生きること。それは日々を告白してゆくことだろう 」〜放熱ヘの証〜
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月28日(金)のつぶやき | トップ | 喫茶去「青山繁晴 On The Roa... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

休憩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL