ちがうのにしようか

2014年06月30日 08時54分08秒 | 日記
この前、履きやすそうなルームパンツがあったので、バアバと自分に同じ柄のを買ってきました。

バアバは早速履いてたけど、私はそれだとまだ寒いので、しばらく別のを履いていて、昨日、初めてそれを履きました。

それを見た、りょうちゃん、

「これ、バアバの。だめぇ」

いくら、これはママのだよ、同じのを買ったんだよ、と言っても納得してくれず、

「ちがうのにしようか」

だって。

いったいどこでそんなセリフを覚えたんだか(苦笑)

仕方なく別のに履き替えたら、りょうちゃんニコニコでした。

あのルームパンツ、来年まで箪笥の肥やしだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

りょうちゃんが、やってくれるかい?

2014年06月29日 23時07分11秒 | 日記
だいぶしっかりと文章でお話しできるようになってきたりょうちゃん。

最近は、よく

「りょうちゃんが、やってくれるかい?」

と言うようになりました。

これはつまり、

「りょうちゃんが、やってあげようか?」

ということ。

まだ言葉の使い分けがちゃんとできないけど、

「じぶんで、じぶんで」

という段階から、一歩進んだ感じだね。言葉は「やってあげようか?」と言ってても、実際の意味は「じぶんで、じぶんで」と同じだもん(笑)

今日は、お米を研いでくれたし、お風呂でママを流してくれました(顔面を集中攻撃だったけど・苦笑)。

そうそう、自分で炊飯器のスイッチも押して炊き上がったご飯はおいしかったみたいで、たくさん食べました(o^~^o)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝までぐっすり

2014年06月27日 12時57分11秒 | 日記
昨日はお昼寝しなかったというりょうちゃん。

寝なかったものの、ずっと機嫌は良かったらしい。

私が買い物を終えて帰る頃、ジイジに肩車されてお店の近くまで迎えに来てくれました。
ニコニコしてかわいかったなぁ(笑)

実家に着き、まずはトイレ、と思ったら、りょうちゃんが、

「だめぇ!」

とドアを押さえてしまうので、入れない。

これはつまり、「眠いから、早くオッパイ~」ということなんだけど、寝られちゃったらトイレに入れなくなるからなぁ。強引に引き離してバアバに抱っこしてもらいました。

せっかくご機嫌だったりょうちゃん、眠気も限界だったのか号泣。

それからオッパイを飲んで7時にネンネ。そのまま朝7時半までしっかり寝てました。

もしかしたら、朝4時とかに起きちゃうかも…、と心配してたけど、ちゃんと寝てくれてよかった(v^-゜)

そういえば、明け方に、

「ハッポッポのこうえん~」

って寝言言いながら、ちょっと泣いてたな(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電車に夢中

2014年06月26日 08時33分35秒 | 日記
今朝のりょうちゃん。

機嫌が良く、昨日バアバに買ってもらった電車に夢中。

いつもなら、仕事に行く前にしばらくオッパイを飲むんだけど、一人で何か言いながら電車や車を走らせていて、今朝は結局、1回も飲まなかったなぁ。

最近、仕事から帰ってきたときも、すぐにオッパイとは言わなくなって、どうしても必要なのは、夜寝るときと夜中と、私が休みの日のお昼寝のときくらい。

もちろん、休みの日の昼間も飲むけど、回数が減ってるし、遊びに行ってるときはなしでも大丈夫。

赤ちゃんは、自分からオッパイ離れする力を、ちゃんと持ってるんだね。

まあ、完全にオッパイ離れできるまでは、まだしばらくあるだろうけど。

のんびり行きましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おにいちゃんになったの

2014年06月25日 23時08分36秒 | 日記
おとといだったかな?

りょうちゃんを抱っこして自転車に乗ってたら、りょうちゃんがふいに、

「りょうちゃんね、おにいちゃんになったの」

と言い出した。

えぇっ!?

と思ったけど、

「そうだね~、りょうちゃんはお兄ちゃんだね。2歳だもん!」

と応えつつ、はて、なんで急にそんなことを言い出したかな? と思っていた。

そのまますっかり忘れてたんだけど、今日急に思い出してジイジに話したら、先週あたり、公園で赤ちゃんが泣いてて、ジイジが、

「赤ちゃん泣いてるね。りょうちゃんは、どんなときに泣くの?」
と聞いたら、りょうちゃんが、

「りょうちゃん、おにいちゃん」

と答えたらしい。

つまり、「りょうちゃんは、お兄ちゃんだから泣かないよ」って言いたかったのかな?

実際にはまだ2歳で、十分赤ちゃんなのに、りょうちゃんには、自分はもう赤ちゃんじゃない! という気持ちがあるってことだよね。

思わず笑ってしまいそうになったけど、赤ちゃんの時期も、あと少しなんだなぁと思ったら、寂しくもあり。。。

成長していく姿を見るのは喜び以外のなにものでもないんだけど、赤ちゃんの可愛さってやっぱり独特だからなぁ。

言葉や経験や知識と引き換えに、やっぱり失っていくもの(例えば無垢であること)は確実にあって、それは一度失ったら、二度と手に入らないものだから。

と、なんだかんだ理屈をこねたけど、つまりは赤ちゃんて、その小ささも、たどたどしさも、ヨチヨチ加減も、全部全部ホントにかわいい!ってことなのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加