大惨事😭

2017年01月30日 18時20分44秒 | 日記
それは日曜日の昼下がり。

いつものように急いで作り置きおかずを作っている時に起こった。

いったんはパパとおもちゃを買いに出たりょうちゃんが、

「やっぱりママとがいい〜😭」

とグズりながら帰宅。早く行こう、早く行こうと急かされて、焦っていたのもあったと思う。この時の私の頭の中からは、大事なことがすっぽり抜け落ちていたのだ。

りょうちゃんが

「おてつだいする〜」

とやって来た時、本当は、手伝うよりリビングで遊んでてくれた方が助かるんだけど・・・、と思っていた。だけど、せっかくの気持ちを無にすることはできない。

それじゃあ、電動カッターで野菜切るのを手伝ってもらおうかな。ということで、電動カッターのスイッチを入れる係をお願いした。

さて、電動カッターを無事使い終わり、片付けようとした時、りょうちゃんが、

「コンセントぬいてあげる」

と言って、コンセントの近くにあったワゴンをグイッと動かした。

その瞬間、私の目に映ったのは、ゆっくりと倒れていくワゴンと、その上に置いてあった大量の作り置き味噌汁を入れたタッパーが空を舞う姿。そうだった、お味噌、そこに置いてたんだ。

・・・終わった


ガシャーンとジャッパーンが入り混じった音を聞きながら、呆然と佇むママとりょうちゃん。

パパは、「りょうちゃんが火傷しなくて良かったと思うしかないよ」と言いながら、片付けを手伝おうとしてくれたし、りょうちゃんも、「なにかてつだおうか?」と来てくれたけど、狭い場所に3人でギュウギュウしてたらかえって片付かないので、パパには流しに残ってた洗い物をしてもらい、りょうちゃんにはリビングで遊んでてもらうことにした。

片付けてる間中、私の頭の中には、せっかく早く終わらせて、早く外に連れ出してあげようと思ったのに。なんで先に、ワゴンには触らないでって言っておかなかったんだろう。なんであんなところに汁物を置いたんだろう。と、後悔の念がぐるぐる。

その気持ちと、イライラして泣きたくなる気持ちを押し殺し、そのあとは片付けに追われた。

あ〜あ、もし子供だったら、「うわ〜ん」て大声で泣くのに。もし誰も家にいなかったら、片付けるまでしばらく床に倒れて現実逃避して、片付け終わったらまた布団に潜り込んでふて寝するのに。

そんなことを思いながらこぼれた味噌汁を拭き取り、雑巾掛けとモップがけをしている私の周りで、自分がやらかしたことを十分に自覚しているりょうちゃんが、やけにハイテンションな叫びを上げながら、楽しそうに振舞って跳ね回っていたのだった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チューリップの芽が出てた🌷 | トップ | りょうちゃんとの合作 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。