不可解あってのユートピア

期待通りを喜べる一方で。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

goo → FC2

2007年09月13日 | Weblog
これまでgooブログで書いていたのだが、FC2へ移籍することにした。

移籍の大きな理由はgooブログが使いにくいということだ。gooは初心者に優しいユーザーインターフェースと評価されているが、少し凝ったことをしようとすると非常に面倒臭いシステムなのだ。

しかし移籍は良いけど、gooブログはアーカイブを作成することが出来ないので、過去の記事を全て破棄しなきゃいけない。思い出深い記事ばかりだったので、ちまちまとメモ帳にコピペする予定である。めんどくさい…。

――

それにしても何気なしにブログを始めて二年半か。始めた当初はここまで続くなんて考えてなかったし、続けることが案外大変なことも分からなかった。

今では無理して更新しようとせずネタがある日だけ更新するようにしている。ネタがいっぱいある日はそれだけ記事を書くようにしている。僕にとってブログは不満を吐き出す為だったり、考えをまとめる為のものだったりする。だから書くのも書かないのも躊躇しない。

gooブログはアクセス数が自動的に出るようになっているが、あんまりアテにしていない。スパムのトラックバックやコメントを見るに、ほとんどがロボットなんじゃないかと思ってる。だから人が見てることはほとんど意識していない。いや、けど全く意識していない訳ではなくて、少しは意識している。

僕自身、本を読んだとして、他の人がどう感じてるのかを知る為に、ブログ検索を利用してるので、他の誰かも同じことをしてこのブログに辿り着いてるだろうと思う。旅行の計画を立てるときも他の人のブログ旅行記が役に立ったし。リピーターにはならなくても、僕のブログがどっかで役に立っているならそれはそれでとても嬉しい。そういう気持ちで書けた面もあったかも知れない。

それでは、これまでご愛読ありがとうございました。FC2のアドレスは、http://rangeman123.blog119.fc2.com/です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/8のまとめ

2007年09月11日 | 
この日は青森から新潟まで移動。メインは酒田~新潟区間の「快速きらきらうえつ号」だ。

7:11 青森発
8:38 大館着
列車の都合上、青森サンライズホテルを早朝に出発。早朝過ぎてホテルの朝食が食べれなかった。朝食つきのプランなのに勿体ないことである。
大館では一時間以上あったけど、特に何もしていない。駅構内のコンビニで立ち読みした程度かな。今思えば勿体ないなと思う。雨が降ってた所為もあるのだが、やはりレインコート(ry)

10:03 大館発
11:49 秋田着
ここでも特に何もなし。というか記憶がないです。本読んだり景色見てたりで、そのときは楽しんでたと思いますが。もうちょっと写真を撮っとけば良かったな。

12:12 秋田発
13:56 酒田着
酒田にて二時間以上待ち時間ができたので、ブラブラと歩いてみた。雨も上がっていたし。
まず行ったのが、ラーメン屋。「どさんこ娘」っていう店だったと思う。札幌でも函館でもラーメンは食べそこねていたので、思わず食べてしまいました。味はまぁまぁ。800円。安い。
それから本間家というところまで歩いた。駅から結構遠かったですが、バスの本数が少ないので徒歩で行った。本間家内部は砂利が敷き詰められてて、キャスターで入れそうになかったのでやめといた。しかも入館料が要りそうだったし。
そして、最後に本屋を探し歩いていたら、大きなデパートに辿り着いた。しかしそのデパートにも本屋がなく、人に聞いてみると、この周辺には本屋が一軒もないということだった。GEOはあるのに何故……。
町並みは至って普通でしたね。知らない街を歩くのが好きなのでそれなりに楽しんでしまいましたが。

16:11 酒田発
18:28 新潟着
酒田から「きらきらうえつ」で新潟へ。きらきらうえつはど派手な車体でした。中は床が板張りで窓が大きくて、とても豪華でした。しかも展望スペースも売店もあって乗って嬉しい列車でした。噂に聞いて楽しみにしてたので、満足できてよかったです。きらきらうえつだけで20枚くらい写真を撮ってました。また乗りたいなぁと思わされた列車です。
新潟では晩ご飯に「網焼き定食」を食す。豚肉を網で焼いたもんだと思うけど、美味かった。本場の米は普通でした。正直なところ違いが分からんです。
青森や函館と比べて、駅前の人通りが多かったのが逆に新鮮だった。新潟には美人が多いと聞いたけど、そういえば確かにブスは少なかった気がしますね。
泊まったのはニイガタステーションホテル。部屋は冷房があるから良いですが、廊下に冷房がなくて蒸し暑かったのが残念。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/7のまとめ

2007年09月11日 | 
この日は函館から青森まで移動した。メインの事件は「台風」。乗る列車には何ら影響はなかったけど、これほど台風を気にした一日は人生で初めてだった。

10:12 函館発
11:15 木古内着
函館にいた時点で既に台風がやばかった。台風は関東から東北に向かって進んでおり、直撃は避けられない状況にあり、不安だらけ。雨脚は確実に勢いを増しており、木古内では大雨だった。
木古内で一時間近く待ち時間があったので、観光でもしようと思ってたけど、外に出られない。傘をさしても吹っ飛んでいくくらいの天気だった。レインコートを持っていけば良かったなと思わされた。

12:08 木古内発
13:07 蟹田着
この区間は青春18切符で特急に乗れる特例区間だ。しかし、特急「白鳥20号」は物凄い混んでいた。修学旅行の小学生が大量にいた所為だと思われる。車両の連結部分にいたのだが、それでも小学生がやってきてギャーギャー騒いで鬱陶しい。教師しっかりしろやと思いつつ、一時間耐えた。
蟹田に到着しても相変わらず外は大雨。竜飛岬は断念せざるを得なかった。レインコートさえ持っていけば強行できたんだが…。

13:47 蟹田発
14:26 青森着
竜飛岬断念の為、早めに宿泊地・青森に到着。
まずは青森駅で遅めの昼飯を食べた。食べたのは「カツ玉丼うどんセット」とというボリューム満点のメニュー。美味い。しかも900円と安い。名産でも何でもないけど。
外は相変わらず大荒れだったので、青森駅内でブラブラしていました。本屋で加藤諦三さんの本を購入。青森の女子高生は怖かったので何となく避けながら歩きました。
ブラブラするのも疲れた頃に青森サンライズホテルに移動。移動中も暴風は容赦しなかった。しかもホテルがなかなか見つからなくて辛かった。
ホテルでは本を読んだ。加藤諦三さんの本は読んでて泣きそうなくらい良い本だった。野球では阪神が首位に立ってて嬉しかった。
そういえば、晩ご飯は食べてないっすね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/6のまとめ。

2007年09月11日 | 
9/6の旅行のまとめ。
この日は札幌から函館まで移動し、途中で室蘭の地球岬を観光した。

9/6
8:46 札幌発
9:58 苫小牧着
札幌駅は広いのに、構内に本屋が見当たらない。と思いきや、架設的な本屋を発見。札幌弘栄堂といいます。プレハブみたいな店だった。取り合えず電車の中で退屈するといけないので、「不動心(松井秀喜)」を購入した。

10:10 苫小牧発
11:12 東室蘭着
この辺は何を考えてたのか忘れました。長い旅の中の、最初の電車にも関わらず…。記録はつけないといけませんね。次行く時は注意しようと思う。

11:23 東室蘭発
11:33 母恋着
室蘭ゆきの普通電車は「特急列車」と書かれてあり、車内も特急仕様なんです。ややこしい列車です。
母恋からは「地球岬」を観光。時間がありあまり、「不動心」を読んでいたら、松井の言葉に感動させられた。そうなんだ、苦しみや辛さこそが生きている証なんだ。生きる力とは、成功を続ける力ではなく、失敗や困難を乗り越える力なんだ。
昼ご飯に母恋の駅弁を購入。ここの駅弁は全て母恋周辺で取れる食材で作られているらしい。特徴は一品一品がビニール袋で包装されてて、落っことしてもひっくり返しても大丈夫な仕様になっているところ。ぶっちゃけ口に合わないおかずもあったけど、五目ごはんのおにぎり美味しかった。貝っぽい何かが入ってるんです。

15:45 母恋発
21:07 函館着
18キッパーにたくさん出会った。自分もそうだから、18キッパーは何となく雰囲気で見分けることができます。列車はワンマン列車と言って、先頭車両のドアしか開かない形状だった。新鮮でした。
函館での晩飯は煮魚定食。札幌で刺身料理は食べ飽きたので、違うメニューにしたかったのだ。美味かったよ。
そして「ホテルえさしや」で宿泊。このホテル、実験で使うオゾンの臭いがした。多分空気清浄機から発しているんだと思うけど、部屋に入った瞬間「臭っ」と思います。たまらず空気清浄機を切ったら、今度はタンスダストで息苦しくなってしまった…。
ホテルでは「週刊プレイボーイ」を買って読みました。初めて読んだんだけど面白いっすね。ブラックマヨネーズやリリーフランキーのコラムが最高でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長浜

2007年09月09日 | 
22:01 長浜
敦賀から長浜までの電車は非常に混んでいた。この旅では珍しいことだったのだが、電車乗りすぎ病により新鮮に喜んだりはできなかった。すごく息苦しかったです。

長浜から大阪への電車はかなり空いています。終電なのにね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加