ふくらく通信

東北人が記す、東北の良さ、震災の事、日々のなんだりかんだり。
今も残るものと、消えたものの思い出にこもった輝きを発信。

ふかかつと なりわい興す 気仙沼(2013年8月の記録)

2017-05-18 17:04:40 | 東北被災地のあゆみ:気仙沼

気仙沼へ行き、土産に買ってきたのがこれだ。

「ふかカツ」という名の惣菜。

ふかの身(鮫肉)に衣をつけて揚げ物にする。


新鮮なうちに加工されるため、臭みが無い。

しっとりとして柔らかく、マグロに近い味わいだ。

現地では、パンに挟んだ「ふかカツバーガー」も売られている。

津波で苦境に立つ町だが、再建できる業者が動き、産物を活かして売り出した。


周知の通り、気仙沼はフカヒレ生産で有名な所。

身も味わうが、新たな名物にと「ふかカツ」が作られた。


「復活」とかけた「ふかカツ」で、再興の願いも込められる。

生業を取り戻して力をつけ、町を作り直すことを思いながら作った品だ。

よく味わい、応援したい。

ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気仙沼鹿折~南町辺り2012年2... | トップ | 残存するものの記憶:気仙沼2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東北被災地のあゆみ:気仙沼」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。