ふくらく通信

東北人が記す、東北の良さ、震災の事、日々のなんだりかんだり。
今も残るものと、消えたものの思い出にこもった輝きを発信。

仙台味噌屋敷

2017-12-08 13:24:12 | ゆるゆる歩き:史跡や遺構

頃は神無月にさかのぼる。

江戸詰めを命じられた藩士のごとく、屋移りをして間もなくのこと。

品川大井の仙台藩下屋敷を訪ねる。

(2017‐10‐31:旧仙台坂)



そこに残ったのは樅ノ木ではなく、タブノキであった。

屋敷沿いの通りゆえ、仙台坂や暗闇坂と呼ばれた坂は、なかなかの急坂である。

坂が緩やかになったあたりで、大きなタブノキが、往来する人々を今もなお見守っている。


(2017‐10‐31:仙台坂のタブノキ)


坂の上の池上通りと交わる辻に、木造りで瓦屋根の大きな平家が見える。

これぞ、味噌屋敷の謂れの名残なり。

藩士の暮らしを支えた味噌蔵が今に続く。


(2017‐10‐31:味噌醸造所)



仙台藩の下屋敷には、藩士のための味噌蔵が作られた。

屋敷内で味噌づくりをし、藩士の食としたが、後に余りを江戸市中に売り出したという。

仙台味噌は江戸っ子の評判となり、屋敷は味噌屋敷と呼ばれたそう。


 

(参考:東北大学附属図書館『江戸の食文化 仙台藩の名産品 仙台味噌』/品川区『品川の大名屋敷』/仙台市教育委員会『仙台旧城下町に所在する 民俗文化財調査報告書⑥ 2010年3月 仙台味噌』)



今も関東でジョウセン仙台味噌が出回っている。

さらに、「八木合名会社仙台味噌醸造所」は、まさに下屋敷の味噌づくりを引き継いだ店だ。

そこには「五風十雨」という味噌がある。




量り売りで、好きな分だけ杓文字で取り分けてもらう。

なんと芳しいことか。

熟成した濃い色、香り豊か、塩気が力強いが切れが良く、コクも甘みもある。

 


江戸詰めも、郷の味にて和む暮らしで候。

ジャンル:
歴史
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陸前高田:2012年6月12日の記録 | トップ | 東北と皇居のゆかりに映える木々 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ケンタ)
2017-12-10 07:29:12
 ブログを観て頂いている様で有難うございます。

 貴女のブログを今見せて頂いて居ます。東北の事を色々掲載している様ですね。私が知らない事が沢山掲載されていたので興味を持って見せて頂きました。

 旅の途中で観る夢は(おやじの旅日記)を掲載しているものです。

コメントを投稿

ゆるゆる歩き:史跡や遺構」カテゴリの最新記事