ふくらく通信

東北の良さを、震災前からの手記で再認識。今も残るものと、消えたものの思い出にこもった、町の輝きを発信。

残存するものの記憶:気仙沼2013年8月

2017-05-18 17:11:47 | 東北被災地のあゆみ

あの日からおよそ2年半。津波で陸に上がった大きな船が、もうじき解体される。

(2013年8月17日撮影)


この船は、震災遺構にするよりも、解体した方が良いという決断に至った。


気仙沼の鹿折地区。

気仙沼湾の一番奥で、津波が町を破壊し、そのために起きた火災も酷かった所だ。


津波の力は凄まじく、港にいた船も陸に打ち上げられた。

その船は、ただ普段どおりに働いて、注文に応じて必要とする人のもとへと物を運んでいただろうに。

津波は、その船の役割さへも狂わせてしまった。


解体へと動くまで、この船の所有者は胸の痛むことが多々あったようだ。

この船も、被害にあったもののうちだが、憎く思われることもあったらしい。

船の所有者が、被災した人の辛さを思って堪えたのも、被災者を支える努力といえよう。



震災遺構は意味がある。

だが、選定するには熟考せねばならない。


かつてよく人々が出入りし、かつての日常を思わせる場所や建物が適していると思う。

驚愕だけでなく、そこで生きた人々を顧みることが大事だから。


一度でも一瞬でも、自分が誰かに愛情をもらって存在していることに気づけば、報われる気がする。

人というのは、そういうものではなかろうか。


震災遺構は、精一杯に生きた者への敬意、犠牲者に面目の立つ生き方など、それぞれに思い巡らす場所でありたい。

 

 
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふかかつと なりわい興す ... | トップ | また会おう 声かけ通る 海... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。