映画などなど

映画を中心に、あくまで個人的好き嫌いで感想紹介。アート作品からB級Z級なんでも見るが趣味趣向はかなり偏ってる・・・。

夜は短し歩けよ乙女

2017年05月16日 | アニメ
2017年 日本(東宝) 95分 コメディ/ファンタジー
監督/湯浅政明 脚本/上田誠 
原作/森見登美彦 キャラクター原案/中村佑介
アニメーション制作/サイエンスSARU
声の出演/星野源、花澤香菜、神谷浩史、秋山竜次、麦人
      中井和哉、甲斐田裕子、吉野裕行、新妻聖子

(99点) 原作の映像化としてはコレしかないのかも。

黒髪の乙女が夜の京都を闊歩する。
酒を求めて、時にはおともだちパンチをお見舞いし、詭弁論部のオッサンたちと詭弁踊りを踊りつつ、古本まつりだ、文化祭だ、台風だ、流行り病だ!!そんなこんなで摩訶不思議な京の都を闊歩する。
その周りでよく遭遇する先輩とニアミスしつつ、お祭り騒ぎの一夜を闊歩するのだ。

ご多分に漏れずこれで森見登美彦氏を知りハマったので、原作のファンとして観に行った。
同スタッフによる前作テレビアニメ「四畳半神話大系」は、原作が好きすぎて樋口氏のキャラ造形とかイマイチのれず個人的に微妙な感じだったのだが、今作はそれを踏まえていたので世界観は一緒だが、馴染んでいて原作ファンとしては十分楽しめた。
ただ原作を読んで久しいので前半は主人公がひどい目にばかりあい楽しくなかったし、詭弁踊りもなんだかなーと言う感じだったが、後半は楽しく、いや原作の映像化としてこれ以上のものは望めないレベルだと思った。
ところどころ「四畳半神話大系」のエピソードも入り、映画独自の全ては一夜の出来事とする強引さは、それはそれで森見登美彦ワールドを感じさせてくれた。
この監督は天才として知られているようだが、私は森見作品のアニメ版でしか知らなかった。
是非とも他の作品も観てみたい。
また、なんとかコレももう一回ぐらい劇場で観たい。そしたらもっと面白さが伝わる気がする。
とりあえず「四畳半神話大系」のDVDを借りて全話観た。原作を読み直しているが読み切る前に上映期間が終わりそう。
とりあえず原作のファンは必見!!是非、劇場で!


(2017年4月ミッドランドスクエア2にて有料鑑賞)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半年以上ぶりの更新 | トップ | 四畳半神話大系 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL