映画などなど

映画を中心に、あくまで個人的好き嫌いで感想紹介。アート作品からB級Z級なんでも見るが趣味趣向はかなり偏ってる・・・。

ライフ

2017年07月11日 | SF
2017年 アメリカ(ソニー) 104分 SFホラー/PG12
監督/ダニエル・エスピノーサ
出演/ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン
    ライアン・レイノルズ、真田広之、アリヨン・バカーレ

(72点)物体Xとゼロ・グラビティを足したようなエイリアンのバッタもの的B級SFホラー大作!!

人類史上初となる地球外生命体の発見。
火星で採取された細胞に栄養を与えたら凶暴なタコ型生命体に成長。
宇宙基地の中は次々に血祭状態でパニックに。
ジェイク・ギレンホールやおねーちゃんたちや真田広之らが右往左往。


なんか割と新聞とかに映画評が何個も載っていてSFホラーとしては有り的なことが書かれていたので、ネットレビューでは普通評価だったが仕事帰りの気分転換に観に行く。
B級映画感がハンパないが、金はかかっている。
一流のスタッフ・キャストを揃えてメジャーで撮ってもB級はB級と言うことを証明してくれた偉大なB級ホラー映画なのかも。
エイリアン以降、宇宙モンスターのデザインがリアル志向でつまんなくなったと嘆いている私にとって、これもその流れの一作。
それなりに良く出来ているが、面白くもつまんなくもない。でも観たことの後悔もない。
映画館で観れて良かったなとは思う。幕切れはあれで良かった。


(2017年7月10日ミッドランド2にて会員サービスデー1100円)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 22年目の告白 ―私が殺人犯です― | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL