お空の上からエヘヘのへ コモモのたより

犬と猫とちょびっとピアノ

アッちゃんの輸液 続き

2017-06-14 12:06:58 | アッシュ腎臓
皆様、こんにちは♪おかあちゃんです。

昨日は本当に悲しかったおかあちゃんです。

アッシュは元々とてもやんちゃくれで元気一杯、素直な男の子です。

元来『怒る』という感情をあまり持たないコだと思います。

それが、輸液・入院などで初めて『怒る』と言う感情が生じたような気がします。

アッシュには本当に申し訳なく思うのです
(ノ_・。)

アッシュは昨日の輸液時に、本人としては必死に怒ったんだと思います。
「カ~!シャ~ッ!!」と言った後、むせてしまいましたΣ(´□`;)

昨夜はその後も咳き込んでいました(ノ_・。)

それでも やっぱり「ママ~♪」と言ってくれます( ´_ゝ`)
おかあちゃんは申し訳ないやら、なんやらで泣けてきます(ノ_・。)

コモモの命を預かった時、フキちゃん・アッシュ・キッシュに出会った時、その後こんなに苦しく想うことがあるなんて、知らなかった・・・
知っていたら絶対迎えられなかったと思います。

おかあちゃんは この生涯でおかあちゃんの子はフキちゃん・コモモ・アッシュ・キッシュだけでしょう。
もう きっと 今後巡り会うことはないと思います。

おかあちゃん、アッシュ・キッシュを一生懸命守ります。

アッちゃん・キッちゃん おかあちゃんの子





ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アッシュの輸液の悩み | トップ | アッシュ・キッシュ病院に行... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さばちり)
2017-06-14 18:37:27
ニャンズのお世話、頑張りすぎないのが一番なのかもしれないですね。
必死になってるとその気配が伝わっちゃうのか、余計に警戒するような気がします。

うちは私が結構イケイケなので、歯磨きでも投薬でも嫌がってるのを平気で強行しちゃいます。
それでも終わったら3分もしないうちにスリスリしにきます。

アッシュくんも輸液が終わったらママっ子に戻るんだったら、大丈夫ですよ!!
ちゃんとわかってくれていると信じてます。

Re:Unknown (コモモおかあちゃん)
2017-06-14 19:00:53
さばちり様

ウンウン(。´Д⊂)さばちりさん、皆様本当にありがとうございます。

子育てどころか、人生に余裕がないので、アッシュ・キッシュにも善くないですね。
明日は優雅に紅茶でも頂こうかと思います
( ´_ゝ`)ちょっと違う・・・?

さばちりさんは輸液をしない不安を仰っていましたが、私は出来たらしたくないな~。
やっぱり痛いし、次の手として残しておきたい。
でも、アッシュはシリンジで飲ませると喉を通らないので、一定の水量を取るのは無理かな~。
キッシュは上手に飲んでくれますが、調子に乗って飲ませるとゲ~に繋がります(--;)

おかあちゃんだけでなく、皆さんも一生懸命。
これって猫と暮らしたことない方が見たら理解しにくいかな・・・。

でも、預かった命への責任。そして無条件に可愛くて可愛くて可愛いだもん(/▽\)♪

おかあちゃん、明日からまた再スタートです。

本当にありがとうございます。
Unknown (路地猫)
2017-06-14 20:38:01
去年の春、急にバロンに針が刺さらなくなった時期がありましたよ。病院で相談したら、やっぱり針を知らず知らずに近い場所に刺してたせいで皮下気腫ができてたそうです。ちょうどその頃は数値が低め安定していたので、しばらく点滴をお休みして皮膚の状態を戻すことにしたのでした・・・けど、9月に急変したことを考えるとやっぱり刺さる場所に刺して続けてたら良かったかなと思うこともあります。

首からお尻に向けて刺す、うちの病院の先生もしますよ。針の向きはどっちでもいいそうです。お一人でされる時は、この向きの方がやりやすいかもしれないですね。

悩みはつきないけど、ほんと、1人じゃないですよー。なんでもここで吐き出しちゃってね!
Re:Unknown (コモモおかあちゃん)
2017-06-14 20:52:55
路地猫様

知らず知らずに射す癖もあるんですねΣ(´□`;)

きっと道ですれ違っても気づかないけど、支えてもらっている、不思議だけどとても心強いです( ´_ゝ`)

首筋からって、アッシュが動いて目に刺さったら・・・と妄想して怖いのかな・・・想像力豊かなかあちゃんです(^^;

本当に皆様、ありがとうございます(ノ´∀`*)

何だか力が湧いてきました!

またがんばります!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。