フーちゃんの花日記

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟のアレンジメント教室を
神戸、芦屋、西宮で開催しているフーちゃん先生の花日記

エルシェープ

2017年04月19日 | アレンジメント 基本形(Gradually)

Graduallyコースで履修する基本形の中でも
応用がきく基本形の一つが

「エルシェープ」

だと、思います

今週のプロフェッショナルコースのレッスンデザインが、この「エルシェープ」の形を、花材が持つ本来の形態を活かして作品にする
「ナチュラルクラシカル」

花材を比較的長めのサイズにして
ゆったりとして、おおらかな印象に仕上げていきます

レッスンでは、「エルシェープ」の形を美しく見せるポイントとして
垂直ラインと水平ラインが切り替わるポイントの花材を、メリハリが付くように短く入れてくださいね(^_-)、と、力説しているので
仕上がった作品はどれもエルシェープの形がちゃんと分かるデザインになっています

さて

この「エルシェープ」

レッスンではほとんどの生徒さん達は1回しか制作しません

「遥か昔、たしかそんな形を使ったような気がする」(笑)

という方が多いのではないでしょうか?

今回のナチュラルクラシカルのレッスン前の説明で、基本形の「エルシェープ」の簡単な復習をして
記憶の彼方の「エルシェープ」を
皆さんに思い出してもらっています

私もこの「ナチュラルクラシカル」、作ろうかと思いましたが・・・

イヤイヤ、ここは基本形の「エルシェープ」を
私自身一度作っておくことにしました✺◟(∗❛ัᴗ❛ั∗)◞✺




基本形の復習なので、検定練習花材で作った方が良いのですが、今回はレッスン花材で作りました


ピンクのバラが特大で、他の花との大きさか違い過ぎて作りにくくかったです^^;


少し上の方から見ると、底辺の直線ラインが見えますね

このように、全ての輪郭線が直線で出来ている形なのです






ナチュラルクラシカルは
こんな真っ直ぐのラインは必要ありません

花材の様子をよく観察して、
枝ぶり、花の付き方、葉の流れ
適材適所を見つけてあげてくださいね(^^)

ゆったりおおらかに仕上げてください(^_-)










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年 今週のレッスン 4月1... | トップ | パープルグラデーション 〜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む