フーちゃんの花日記

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟のアレンジメント教室を
神戸、芦屋、西宮で開催しているフーちゃん先生の花日記

いけばなコースの体験作品

2017年06月15日 | フーちゃん作品


久しぶりにいけばなコースの体験作品を取り寄せ、作ってみました(^^)

「いけばな」の花材としては、今回は分量が多めでした

ニューサイラン 2本
クッカバラ 3本
ドラセナゴッド 3本
ベアグラス 適量
バラ(白)3本
バラ (ピンク)3本
スプレーカーネーション 2本
デンファレ(白)2本
オンシジューム 2ほん

もちろんすべてを使い切る必要はありません

体験花材のセットには1辺が15㌢程度のスクエアの黒い花器にお花を生けます

剣山もプラスチックの軽い剣山なので、
これだけの花材をキープさせるのはちょっと無理😅

使いたい花材をチョイスして作っていただければよいのです(^^)


ニューサイランがとても長い!
これで、▽こんな形を2つ、つくります
何も無い空間に▽2つ!

ここから手持ちの花材の向きや流れを見極めて
お花を挿していくのです(^^)




私は自分の水盤と剣山を使いました
水盤は直径が40㌢ほどあります



ニューサイランで作る▽は大きさや高さが違った方が面白いですね


クッカバラの向きが難しいですね
茎と葉が、くの字の角度に曲がっていたりすると
さぁー?どうしましょう〜?
って思います

長いオンシジューム
長いままで使うのか?
デンファレはどちらに傾けたら美しいのか?

花材の個性を見て判断しなければなりませんね


こんな作品になりました



水盤で作ってこの大きさ!
体験花材セットのスクエア花器だと、花材はもう少し短い設定にしたほうが良さそうですね^^;

上にから見ると




左斜め上から




右斜め上だと



クッカバラは、今回は葉の裏側を手前に向けてみました

これ、本当に難しいですね、
茎と葉の角度は、様々ですから
作り手によって全然ちがいます

最初に作るニューサイランの▽
デンファレの花のつき方、流れる方向
オンシジュームの枝分かれの仕方
そしてクッカバラ

なかなか難しい~

中央の剣山はとにかくかくす!
花材の高さを変えたり、葉を差し込んだり
水盤の縁ギリギリからも確認!




アレンジメントほど決まり事が無く、
自由で楽しめるけれど、
決まり事がないって、実は難しいですよね^^;

夏はいけばなは、涼しげで、私は好きです(*ˊૢᵕˋૢ*)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワイヤートルソーアレンジ 〜... | トップ | 神戸市立森林植物園のアジサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む