ふかよんライフスタイルファンド日記Ⅱ

生活・仕事・遊びのポートフォリオを重視し、ライフスタイルの「運用」を考えていきます。

円は対ドルで続伸、米利上げ観測後退で?

2016-10-20 06:49:19 | Weblog
【NQNロンドン】19日のロンドン外国為替市場で円相場は続伸。18日の英国時間16時時点と比べて65銭円高・ドル安の1ドル=103円25~35銭で取引された。前日に発表された9月の米消費者物価指数(CPI)でコア指数の伸びが鈍化したほか、市場予想も下回ったことで、米利上げ観測が後退し、円買い・ドル売りが広がった。

円の対ユーロ相場も続伸。同75銭円高・ユーロ安の1ユーロ=113円25~35銭で取引された。対ドルでの円買いに伴い、対ユーロでも円が上昇した。

------------------

「円は対ドルで続伸、米利上げ観測後退で」という記事ですが、誤差の範囲内ではないでしょうか?

原油価格が上昇し、新興国・資源国の、米国利上げへの耐性が高まってきて、ソフトランディングの準備ができつつあると私は考えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本株からの外国人投資家資... | トップ | 第3回討論会 クリントン氏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。