暮らしの中で

ポメラニアンと共につぶやいています。

天が授けたもの!

2017-02-22 06:01:42 | 暮らしの中で


人間には、いろいろな才能を持った人がいるもので・・
      天才、秀才、異才、鬼才、と数えあげれば限りがない・・・
バンクバーピアノコンクールで優勝し、いまや各国でピアノコンサートを開き、
      各国ファンから絶賛を博している全盲の辻井伸行さん・・・
日々、8時間の猛練習とはいえ音に対する天才、いや神が宿した鬼才かも知れない。
 人間にはない力を持ったものであり、その意味からも天才、秀才を超えている。

人の細胞一個には、何十億もの遺伝子情報があり、それが見事に制御されて、
   人体になることに感動したい・・人の脳には140億もの脳細胞あるという。
そのうち人間が死ぬまでに使う脳細胞数が、わずか10億だということで、
    140億の細胞のうち天才でも20億しか使わないといわれるが・・
100%の中の2%しか使っていない私達は、よく出来ないと口にするのは、
    出来ないのではなく本当は仕様としないのではないだろうか?

辻井伸行さんに、今一番なにを観たいかとのインタ-ビュで・・・・
  親の顔が一番観たいが見えないので、「いつも心で親の顔を観ています」と、
私達に感動ある言葉を残した・・やはり鬼才であろ・・・・
                凡才の我が孫達に聞かせたい言葉である・・・


『犬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心の痛切! | トップ | オ マ ケ文化? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ママ先生)
2017-02-23 00:47:57
鮎さん こんばんは。

人間の頭の細胞ってそんだけしか使ってないのですね。
最近物忘れが気になっていますが
早すぎると心配しています。
もっと頭を使わなくてはいけませんね。

辻井伸行さんの両親の顔が見たいっていうのに
ぐっと来ました。
お母さま 楽しい方みたいですね。
辻井伸行さんの楽しそうにピアノを弾く姿好きです。
ありがとう (鮎)
2017-02-23 01:07:39
ママ先生お早うございます。
末は博士か作曲家かって、研究、創作をなされる方は脳細胞を使うチャンスは大いにありですが、
私達凡人はアレよこれよと心の迷いはあっても、考え出すネタもなくノホホン生活ではボケが先立ち駄目ですネ。

辻井伸行さんほんとうに素晴らしいお方です。
音に対する神が与えた申し子といいましょうか・・
私もファンの一人で、聴くたびに陶酔いたしております。
春一番吹き荒れるようで、健康管理にご自愛ください。

暮らしの中で」カテゴリの最新記事