暮らしの中で

ポメラニアンと共につぶやいています。

草葉の陰?

2016-11-26 06:05:26 | 暮らしの中で



現在のお墓はすべて石で、石の下に死者が眠る・・・
墓石を置かなかった時代には、草が生え、その草が陰をつくり死者が葬られた。
だから「草葉の陰」はお墓の事である。人が亡くなり草葉の陰で喜んでいるとか、
悔しがっているだろとか、まだ生きているかのように死者の話題になる。
それも死後何年かのあいだだけで、やがて春秋のお彼岸には誰一人・・
お墓に来なくなり草が伸び放題で、それこそ「草葉の陰」ができるけれど、
      その下に葬られている人は浮かばれないだろう・・・


爺ちゃんが、お彼岸に墓参りしたままで、草が生えているからって、
    お墓の草引きにボク連れて行ってもらったんだ・・・
で・・・爺ちゃんの草引きのあいだオトナシク待っていたんだよボク。


『犬』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 際物(キワモノ)? | トップ | ピンとキリ? »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ポポ)
2016-11-26 09:25:58
お早うございます(^^♪ 

我が家はお墓無しにすることにしました
次の世代の為に…
近場で樹木葬を希望しております

自分たちが中々親のお墓参りにも行けないので
子供達も転勤などで遠くから来るのは大変だと
解りますから…

我が家はさっぱりしたものです
o(*^▽^*)oあはっ♪

クッキーちゃんお墓で大人しく待っていたのね
偉いねぇ~…
”ルル”はきっと周囲のお墓にオシッコをかけそうですわ
Σ(*゚д゚)マジデスカ??
おはようございます (こま)
2016-11-26 10:06:42
草葉の陰ってそういう事だったんですね。
無知なので勉強になります。

歳を重ねるごとに、ご先祖様ありがとうの
気持が増して手を合わせる回数が増える。
不思議なものですね。
若い頃はお仏壇とかお墓参りとか
何それ?みたいだったのにね。(^^;)
ありがとう (鮎)
2016-11-26 23:12:52
ポポさん、今晩はです。
我が家も新規に建立するのでしたら、仰せの通りお寺さんにお願いして永代供養で済ませようとは思いますが、
何分にも先祖代々からの墓でして私の時代で墓守は
おしまいで、あとはぺんぺん草が生い茂り草葉の陰で
婆さんと笑っていると思います。

手前自慢になりますが、お座りではヨシと言うまで座って待っておりますので、重宝しております。
仏心がわかる・・ (鮎)
2016-11-26 23:26:55
こまさん・・今晩はです。
あらら・・お役にたてたのかな?
若い時は皆さん同じで、知らぬが半兵衛ですが、
年代を重ねると・・何となくお墓が恋しくなって、自然と
手をあわせる仏心のわかる年代に入ったのではないでしょうか・・・
年2回はお参りしておかなければ、あの世で鬼に虐めにあっても、助太刀なく身内にそっぽ向かれるかもネ・・・
こまさんありがとう・・・
鮎さん (山親父)
2016-11-27 11:07:10
おはようございます。

物事のランク、お金でランクが決まるというのは、食べ物が多いですね。

やはり寿司が多いですね、すしネタの違いで当然ですが、ランク付けがあって当然とでしょね。

しかし占い葉いかがなんでしょうね、余計にかかるとなれば、なお占うことに信ぴょう性があるのでしょうかね。
人の心理を巧みに利用しているのでしょうね。
ほかにもまだありますが、必ずしも高額になればよいとは限らないものも、多くありますね。

暮らしの中で」カテゴリの最新記事