暮らしの中で

ポメラニアンと共につぶやいています。

東名高速衝突事故

2017-06-10 22:01:39 | 暮らしの中で


バスの正面に車が飛んできた・・その瞬間をドライブレコーダ-が捉えた。
観光バスドライブレコーダ-には・飛んできた車、運転士「とっさの判断」バス側死者なし、

   (中央分離帯を越えて浮き上がった乗用車向ってくる様子が記録されていた)

愛知県新城市の東名高速で起きた観光バスと乗用車の衝突事故で、乗用車は中央分離帯を
     乗り越えて空中にジャンプし、バスの正面上部に激しくぶつかった・・
バスの乗員乗客計47人には重症者は出たが、死者はいなかった

バスのドライブレコーダーには、衝突直前に左に急ハンドルを切って回避する・・
  バス運転士の映像が残っていた・・とっさの判断が幸いしたのではとバス社長の談話だ。
高速道路上の正面衝突で、相対速度は200キロ近い、バス側の被害が比較的少なかった
  理由について「左にハンドルを切り、バスの骨組み部分にと車が衝突したためでは」
また、運転士がブレーキを目イッパイかけていたといい、運転士の判断が的確だった。
  (乗客者は豊川市の44人で、山梨県のサクランボ狩りに向うツア-だった。)
もし乗用車同士だったら後続車を巻き込み大惨事となっていただろう。/font>
『犬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 官邸の権力桎梏? | トップ | 実行より計画だけの方が重罪 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む