暮らしの中で

ポメラニアンと共につぶやいています。

お年寄りの寓話

2017-07-13 05:30:08 | 暮らしの中で


「重大でない事を心配せよ・・重大な事を心配しすぎないように」
     若年のころは、この箴言の教訓がわかりませんでした。
老齢になってやっと、そうだったのか、「俺は人生の貴重な時を無駄にしすぎた」と、
   気がつきましたが、もうおそい・・・人間はとかく重大なことを・・・
真剣に心配するのが常ですが、重大なことを一人でいくら心配しても絶対に
     どうにもならぬくらい、私達の手に余る怪物なんですね・・

個人の力には限界があり、心配しているうちに重大なことに押し潰されて、
   自滅してしまいます・・・・重大でないことはどうだろう・・
心配すれば何とか解決のメドがつくし、それを積み重ねることで・・
    達成感が生じますから、これが充実した生き方につながるのだ・・と、
云う気がするのです・・・人生は個人の力でどうにかなる小事の集積と割り切り、
  重大は歴史にすべてお任せするのが賢い現代人ではないかと思います。

82歳の爺が、このように申しております・・私(クッキ-)まだ4才の若さで・・
       悟りにはほど遠く、もっぱら食い気に専念致しております。

                 ハイビスカス・・・・・

『犬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恥も外聞もない姑息な安部晋三? | トップ | 姑息な自民幹部の心根? »
最近の画像もっと見る

あわせて読む