暮らしの中で

ポメラニアンと共につぶやいています。

もしも、あのとき!!

2017-03-13 05:56:33 | 暮らしの中で


四季折々に見せてくれる自然の美しさ、心洗われる可憐な野の草花、
    それがいくらかの審美眼を養ってくれ、美に憧れる心をもたらしてくれる。
あの人と出会わなかったら、全く別の道を歩いていたであろう・・
      思うことは数限りなくある・・人は多彩な出会いの連続だ。
人生の旅路を支えてくれたさまざまなものとの出合い・・
      いろいろな人との出会いから、かけがえのないものを頂いた。
天は何を基準にその人に人生の役割を指示してくれるのか・・・
   考えてみれば不思議なことだが、それを通してそれぞれの道が開けていく。
いずれにしても、これすべての事に感謝したい・・生かされている自分をみつめて!!

              雫・・・・雨あがり



    
『犬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ささやかな愉しみ? | トップ | 人生を楽しく? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵ですね (HANA)
2017-03-14 20:35:25
こんばんは

雫シリーズ、とても素敵ですね。
私もこのような写真が撮りたいです。
でもその技術がありません。
この「雨上がり」の写真はご自宅ですか?
どのようにして撮られたのでしょう・・・ほんとに素敵です。
それに雫の中に花を閉じ込める写真も素敵ですね。
昨日ちょっと自宅で挑戦してみましたが、うまく水滴の中に花が入りませんでした。
とても難しいのであきらめました。
でもまた挑戦してみようと思っていますが・・・
お久振りです (鮎)
2017-03-14 23:08:01
HANAさん、ご無沙汰致しております。
ご訪問するたびに四季咲きの花を掲載されており楽しく拝見させて頂いております。
雫の撮影の件ですが、私は100mmと60mmのマクロレンズを使用致しております。
雨上がりを狙って、公園、あぜ道、草むら等々事前に水滴が溜まる草花のチェックした場所へ三脚固定での撮影になります。
水滴のきれいな溜まりはコケのあるところが最適です。
光線はダンボウルを正四方に切り、そこにアルミホイルをはり、後ろに一本足をつけとけば自分欲しい光線
(例えば側方)ならば、被写体に側方からあて逆カメラで
撮影すれば結構水滴の輝きかきれいに撮影できます。
アルミホイルは素晴らしい反射光を出してくれますので
近遠で調整して一度お試しください。
物体の被写体を撮影するよりも、かなりの根気が必要ですので諦めずに頑張ってください。
水滴もされど水滴でレンズとなって周辺の木樹花を
映しこみますので、挑戦するほど面白いです。
文にすると言葉足らずになりご理解出来にくい所もありますが,撮影の試行錯誤で作品を作り上げてください。
コメントありがとうございました。

あわせて読む