無芸大食の秘密基地Ⅱ

いらっしゃいませ

ドライブ№3

2016-10-13 04:23:51 | 日記
二日目一発目の中津城を後にし
最初は 耶馬渓『青の洞門』へ
『恩讐のかなたに』の禅海和尚が掘った手掘りのトンネル
(実際にはいろんな人に働きかけ資金集めも行ったらしい)
今では車が通れるほどに拡張されているけど
ところどころに手掘りのトンネルが残っている
↓入口に向かう次女と母ちゃん

断崖絶壁の岩山をくりぬいたトンネル
車でいったん通り抜け 車を停め 徒歩で歩いてみる
朝早くなので 観光客はほとんどいない
トンネルを往復(歩いて20分)したけど誰にも会わなかった

車道の下に 手掘りのトンネルが少し残っている ほとんど真っ暗 
スマホの明りで中へ 懐中電灯が欲しかった

車道も素掘りのままなので 落ちてきそうで ちと 怖い
天井部分には大型車がこすったような跡もある
実際 バスが通るのを見てたけど いっぱい いっぱい

出口(掘り始め側)にも当時の手掘りのトンネルがあり
明り取りのための 窓(1.5M×2.5Mくらい)もある
窓からの川の様子が綺麗
1時間弱 のんびり『オランダ橋』も見ながら
(日本で最長・最大の石積み8連アーチ)

散策してから 深耶馬渓へ
断崖の山々を走り抜ける

熊本大分地震の時の崖崩れだろうか
あちこち 崩れていた 崖下の家が半分解体されているのも見た
しばらく走ってから 標高777mにある 九重(ここのえ)『夢 大吊橋』へ
ところが山道に差し掛かるところで 
斜面崩壊のため全面通行止めの案内看板が有り 
ガードマンから迂回するようにと指示があった
て ことで 大回りして 向かう
でも なんとか 到着予定時間15分オーバーくらいで到着


足下173メートルの渓谷・3つの滝などを眺めながら 吊橋を往復(幅1.5メートル 片道390メートル)
けっこう 揺れて歩きにくい
母ちゃん 怖い 怖い を連発
景色も じっくり見ないで
さっさと 反対側へ小走りに 渡りきった
帰りは 少し慣れたのか 手すりから下を覗きこんだりしてた
高所恐怖症の人には無理かも

↑吊橋HPから借りてきた 足元の写真 隙間から170メートル下の渓谷が見える
小腹が空いたので売店でカレーパンを買って おやつタイム
雄大な景色を眺めながら山を下り インターへ向かう
ここから 高速道路を走り 福岡県に
予定していた場所ではなかったけど 途中で高速降りて
かねてから行きたかった 『大刀洗平和記念館』へ
(2年前の消防団親睦旅行の時 時間がなくて行けなかった)
太平洋戦争中 飛行学校が有ったところ
特攻隊員の遺書なども展示してあった 20才前後で出撃していった
まだ 子供のような顔の写真と遺書は 涙を誘うほどでした

↑1万機あまり製造された 零式艦上攻撃機のうち現存する唯一の機体
(写真撮影はこれだけOKでした)
もっと 時間があれば良かったんだけど
最後の観光地 『太宰府天満宮』到着予定時間を過ぎていたので
仕方なく 出発
『太宰府天満宮』は2年前 消防団親睦旅行で来たけど
次女と母ちゃんは初めて
 
前に来た時も買ったお店で アツアツの『梅ケ枝餅』を食べてから
(結局 この日はお昼ご飯抜き 餅食べて 出発) 

一路 家路へ
出発予定時間は1時間半オーバー まっ 予定場所はほとんど回れたし
大刀洗も行けたし 想定外の回り道もあったし
まずまずの 行程でした
帰着予定午後7時半を一時間半オーバーの午後9時 帰ってきました

長文におつきあい ありがとうございました




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドライブ№2 | トップ | ドライブこぼれ話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。