FUKASHIHOJO.COM #2 愚螺牛・言の葉[悲しみ喜び、慈悲の中]

北條不可思【歌うお坊さん/浄土真宗本願寺派僧侶シンガーソングライター】

野聖物語【親鸞聖人】:東京 築地本願寺 2009年開催

2012-03-10 | Weblog

野聖物語【親鸞聖人】:東京 築地本願寺 2009年開催

《正像末 浄土和讃》

-恩徳讃-

如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし
師主知識の恩徳も 骨をくだきても謝すべし

浄土真宗宗祖

本願念佛の大詩人

親鸞聖人 御作

我らが心に『恩徳讃』 大乘2009年8月号(随想寄稿)



『野の聖』1986年 Drawing By Fukashi Hojo

知人曰く:「陽の沈む西方に向かう白道を歩いているようにも、

船に乗り海を渡り西方に向かっているようにも見える」そうだ。

 

遊牛の詩/北條不可思 1996年作(C)FUKASHI HOJO《「歎異抄」第三章を機縁に》
1996年6月
改めて思い知る『命の尊厳』の証
≪命の尊厳とは、人間の尊厳といった限定されたものではない≫を信じ、『縁』と『絆』をキーワードに「第一回・縁絆コンサート エンドレスツアー」を
東京・築地本願寺講堂に於いて開催。
その2ヵ月後、世界的に知られる、親鸞聖人語録「歎異抄」第三章の言の葉の放つ響きと、
重度障害を持つ、息子・慈音との生活の中から、インスパイアされ生まれ出でた詩曲[
遊牛の詩]を書き上げる。Song&BowzuMan・歌うお坊さん/北條不可思の代表作の一曲となる。
北條不可思にとっての
「 Like A Rolling Stone;BOB DYLAN」であり恩徳讃歌である。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北條不可思:歌うお坊さんへ... | TOP | Real Fantasia de JION Music... »
最近の画像もっと見る