深井動物病院からのお知らせ

堺市・深井駅近くの動物病院『深井動物病院』からのお知らせのブログです

早くも熱中症発生!急な気温上昇に注意を

2016年04月20日 | 病院のお知らせ
17日(日)の午後に、急患で息苦しい呼吸と体温上昇のシーズーが来院しました。
この日の日中は強風が吹き荒れましたが、雨上がりで蒸し暑かったです。
屋内でいたそうですが、熱中症の症状です。ただちに入院させて治療しました。
この時期は日によって気温の変化が激しい事が多く、油断すると熱中症の危険があります。
特にシーズーやパグなどの「短頭種」で、高齢、肥満などは危険因子になります。
充分気をつけましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークの診療は平常通りです。

2016年04月20日 | 病院のお知らせ
ゴールデンウィークの診療は平常通りおこないます。
土曜の午後と日曜・祝日は休診です。

この記事をはてなブックマークに追加

狂犬病予防注射の季節がやってきました。

2016年04月02日 | 病院のお知らせ
狂犬病予防法に基づいて、年度初めの4月~6月にすべての飼犬に
狂犬病予防注射をおこなわなければいけません。
同時に「飼犬登録」もおこないますが、堺市在住の方は当院で
予防注射といっしょに出来ます。

狂犬病については、毎年この時期になると解説しています。
少し長いですが、どうか最後まで読んでください。

狂犬病はウイルス感染で発症する伝染病です。
ときどき「うちの子供が犬に指を咬まれたが狂犬病は大丈夫か?」
といった問い合わせを受けることがあります。
どうも一般の方には「犬は元来狂犬病の病原体を体内に持っているもの」
というような間違ったイメージがあるようです。
これは獣医師の責任でもあると思います。きっちり狂犬病というものを
皆さんに説明することを怠ってきたためです。
元来、犬は狂犬病ウイルスに感染しているわけではありません。
日本には半世紀以上、発症した犬は確認されていません。
ただし、東アジアや東南アジアは狂犬病多発地域ですので、安心はできません。
日本と同様の島国で、半世紀以上発生していなかった台湾で、数年前、野生動物に発生しましたが、
感染経路は解明できていません。
物流が発達し、海外旅行が一般的になった現代では、いつ国内で発生しても不思議ではありません。

「狂犬病」という病名も誤解を与えているのでしょう。
狂犬病はほぼ全ての哺乳類に感染発症します。
ただし、動物種によって、その「感受性」に大きな差があります。
犬は「感受性」が高く、人も残念ながら「感受性」のやや高いグループに属します。
狂犬病を発症した犬は脳が侵され狂暴になり、人に襲いかかり咬みつきます。
唾液中にウイルスはたくさん存在し、咬み傷からウイルスは感染します。
数週間という短期間で中枢神経が侵され、死に至る恐ろしい病気です。
発症すると有効な治療法は未だになく、致死率はほぼ100%です。

都市部での狂犬病の流行は、犬が主な感染源になります。
野犬を捕獲し減らすことと、飼犬に予防注射を接種し感染防御することで、流行は防ぐことができます。
飼犬に狂犬病予防注射を受けさせる意義はここにあるのです。
犬の感染を防御することで人の生命を守るのです。

どうかご理解のうえ、ぜひ愛犬に狂犬病予防注射をおこなってください。

この記事をはてなブックマークに追加

犬の混合ワクチンの変更について

2016年04月01日 | 病院のお知らせ
当院で永らく使用していました犬の混合ワクチン「ノビバックDHPPi」は、
メーカーの不手際で現在長期欠品中です。いまだ販売再開のめどが立たない状況です。
在庫が切れた3月中旬より、「京都微研キャナイン-6Ⅱ」(株式会社微生物研究所)に変更しています。
内容は基本的にほぼ同じで、料金の変更もあません。
安全性の面でも変わりありませんので、御理解の程よろしくお願いします。




この記事をはてなブックマークに追加