深井動物病院からのお知らせ

堺市・深井駅近くの動物病院『深井動物病院』からのお知らせのブログです

もうすぐフィラリア予防が始まります。

2013年05月06日 | 病院のお知らせ
もうしばらくするとフィラリア予防開始の時期です。
「フィラリア感染症」は「フィラリア(犬糸状虫)」という細長い虫が
心臓の右心に寄生することによって心不全をひきおこし、多臓器不全にまで進行し
死に至る寄生虫感染症です。

「フィラリア」の感染は「蚊」の吸血活動によっておこなわれます。
フィラリア感染犬の血液中には「ミクロフィラリア(mf)」と呼ばれる
仔虫が無数に存在します。蚊の吸血によって、その体内に移動したmfは
一定期間そこに留まり発育します。発育したmfは蚊の吸血によって再び
犬の体内へともどり、さらに発育を続けながら心臓内に達し成虫となります。

「フィラリア」の発育で最も特徴的なのは「蚊」(中間宿主)の体内に
移動して発育し、再び戻ってこないと成虫にはなれない、ということです。
したがって、たとえ既にフィラリアに感染していても、今後蚊に吸血
されないようにするか、予防薬を投与すれば、今以上に心臓内の
フィラリア数が増えることはありません。

「フィラリア」は心臓内に寄生するため、その駆除は簡単ではありません。
やはり感染予防に心がけるのが重要です。
「予防薬」を月1回投与することで、蚊によって伝播されたmfを
成虫になる前に死滅させることができます。
「予防薬」はとても安全な薬ですが、フィラリア感染犬については慎重に
投与する必要があります。
血中に無数に存在するmfが「予防薬」投与によって一気に死滅すると、
食欲不振、嘔吐、ふらつき、起立困難などの副作用が現れ、ショック状態
に陥り死亡する場合もあります。
一度でも蚊の吸血活動時期を過ごした犬は、予防薬投与前に
必ず血液検査によって、血中にmfが存在しないことを確認してください。

安全確実なフィラリア予防はまず血液検査から!

この記事をはてなブックマークに追加

いよいよノミのシーズン突入です。

2013年05月06日 | 病院のお知らせ
最低気温が15度くらいで最高気温が20度を上回ってくると、
ノミも本格的に動き出します。
ピークは梅雨から夏ですが、ゴールデンウィーク頃から充分な対策が必要です。
毎年きっちりされている飼主さんは、すでに予防を始めています。
うちは犬には「フロントラインプラス」猫には「アドバンテージプラス」を
お勧めしています。いずれも背中につけるスポットオンタイプでノミの成虫駆除はもちろん、
卵の発育も阻止する効果があり、室内でいっしょに生活しているご家庭にはぴったりです。
頻繁にシャンプーしている犬には内服薬もございます。
「フロントラインプラス」は3本以上お買い求めいただければ、5%割引いたします。
詳しくは受付でお問い合わせください。

この記事をはてなブックマークに追加