深井動物病院からのお知らせ

堺市・深井駅近くの動物病院『深井動物病院』からのお知らせのブログです

椎間板ヘルニアによる起立不能に鍼灸治療は効果があります。(その3)

2015年04月08日 | 鍼灸治療について
久しぶりに、椎間板ヘルニアによる起立不能に鍼灸治療が効果を示した症例のお話をします。

ダックス、去勢済オス、6歳、体重7.7kg、

1月9日  昨夜から後肢ふらつく、ということで来院。椎間板ヘルニアのグレード(G)Ⅱ(ふらつくが起立歩行は可能)と診断。
     厳密な運動制限と鎮痛消炎剤投与で経過観ることに。
1月15日  昨日より後肢起立不能に。尾は振り、自力排尿便あり。椎間板ヘルニアのGⅢ(起立不能だが、随意排尿便あり)に悪化。
     この段階で手術適応だが、飼主は手術を希望せず、鍼灸治療でしばらく反応を観ることに。
     最初の2週間は、週3回の鍼灸治療。厳密な運動制限は継続。

経験上、発症時のより症状が悪化した症例では、鍼灸治療の反応も悪い(遅い)ことが多いように思います。

1月27日  6回目の治療。補助すれば左後肢起立可能に。
2月3日  8回目の治療。起立可能に。週2回の治療に。
2月21日  13回目の治療。ふらつき残るが充分歩行可能に。週1回の治療に。
3月5日  発症後、約2か月経過し、運動制限を徐々に解除。15回目の治療。治療は週1回に。
4月8日  18回目の治療。後肢のふらつきもなくなり、ほとんど正常歩行。
     発症後3ヶ月で、治療終了。


   1月17日、2回目の治療時。両後肢は麻痺し、立てない状態。


   2月25日、14回目の治療時。ふらつきはあるが、充分歩行できる状態。

厳密な徹底した運動制限と鍼灸治療で、椎間板ヘルニアのGⅢは回復する可能性が十分あると思います。
治療のひとつの選択肢として、お考えいただいてもいいのではないでしょうか。

この記事をはてなブックマークに追加

慢性腎炎に鍼灸治療は非常に有効です。(その2)

2015年01月11日 | 鍼灸治療について
もうひとつの症例を御紹介します。
ミーちゃん、約11歳、1年前にすでに重度慢性腎炎で来院。
とてもこわがりで神経質な性格なので、食事療法や自宅での投薬は困難。
鍼治療さえも嫌がるので、お灸と皮下輸液のみの治療を根気よくおこないました。
1年が経とうとしていますが、現在もなんとか頑張っています。


とてもこわがりな性格なので、黒い布を頭にかぶせて目隠ししながらの治療です。
そんなミーちゃんでも、お灸は気持ちよさそうでおとなしくさせます。
この仔にも、刺激が少なく温熱効果に優れた「台座灸」を使用しています。
慢性疾患には、お灸がとても効果的で、「リラックス効果」もあります。

この記事をはてなブックマークに追加

慢性腎炎に鍼灸治療は非常に有効です。

2015年01月10日 | 鍼灸治療について
高齢の猫に、「慢性腎炎」はよくみられる老化に伴う病気です。
腎臓は、体内の老廃物を尿といっしょに体外に排泄したり、水分や電解質のバランスを調整する働きをもつ重要な臓器です。
これらの働きが徐々に低下することで、水をよく飲むようになる、尿をたくさんするようになる、体重が減少する、
嘔吐をよくするようになる、毛艶が悪くなる、食欲がなくなるなどの症状があらわれ、やがて腎不全に進行して死に至ります。
老化によるものですので、完治はせず、進行を遅らせ、生活の質を上げる治療が中心となります。
具体的には、食事療法、内服薬投与、輸液療法などを組み合わせておこないます。
当院では、それに加えて「鍼灸治療」をおこない、良好な結果を出しています。
治療内容はすべて、個々の猫によって様々です。飼主さんと充分話し合って、最も納得いただける方法にいたします。
「鍼灸治療」は慢性腎炎に非常に有効ですが、「好み」の分かれる治療法です。
鍼灸治療に興味のある方、鍼灸治療を猫に受けさせたい方、現在の治療に疑問や不安を感じておられる方など、
一度御相談にお越しください。ていねいに御説明いたします。


写真の猫は、ゴンちゃん、オス、19歳。13歳の頃に慢性腎炎と診断し、食事療法と輸液療法で維持してきましたが、
16歳の2月に食欲がなくなり体重減少が進みました。春まではむずかしい印象でしたが、鍼灸治療を輸液療法と
併用しておこなったところ、食欲が回復し体重も増加しました。
その後も基本的には、「食事療法」と週2回の「お灸」と「皮下輸液」で維持し、この2月で3年経ちますが、
体重は、3年前より重い状態を保っています。


現在は「台座灸」によるお灸だけで、鍼治療はおこなっていません。気持ちよさそうにおとなしくさせます。


皮下輸液も併せておこないます。
皮下輸液とお灸の組み合わせは、猫に負担をかけず心地よくさせながらおこなえる、いい治療だと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

椎間板ヘルニアによる起立不能に鍼灸治療は効果があります。(その2)

2013年11月27日 | 鍼灸治療について
もうひとつ、現在治療中の症例をご紹介しましょう。

ダックス、オス、11歳
9月5日来院。
2日目から後肢ふらつく。今日、他院受診し、椎間板ヘルニアの5段階評価の軽い方から2番目と診断、
ただちに手術が必要と言われ、手術を希望しないので当院に来院。
確かに5段階評価の2番目、手術おこなうのは決して間違いではないが、起立歩行できているので、飼主さんとしては躊躇するところ。
高齢で手術は希望しない、とのことなので、徹底した運動制限と鍼灸治療をおこなうことに。
しかし!9月10日、症状悪化!起立不能に!5段階評価の3番目、自力排尿便あり、後肢端痛覚あり。本来なら手術適応です。
それでも、手術実施の同意得られないので、鍼灸治療継続。
9月24日、悪化して2週間後。7回の鍼灸治療で改善なし。さらに継続希望するので、週1回の治療続ける。
11月26日、発症後もうすぐ3か月、合計18回の治療で、ふらつきながらも起立歩行可能に。
最低限、生活できるレベルまで回復。


9月10日、起立不能に!


11月26日、ふらつきながらも倒れず歩行できている。


お灸中
高齢なので、鍼灸治療でそれまであった頸部の痛みも改善し、体全体の調子も良くなりました。
鍼灸は体全体を整えるので、いろいろなところに治療効果が波及するのも特徴です。

この記事をはてなブックマークに追加

椎間板ヘルニアによる起立不能に鍼灸治療は効果があります。

2013年11月25日 | 鍼灸治療について
鍼灸治療の効果を示す例として、椎間板ヘルニアによる起立不能があります。
ダックスによく見られ、腰の痛みから下半身不随まで症状は様々です。
現在治療中の症例のお話をしましょう。

M・ダックス、オス、9歳。
10月16日初診。
10月6日に突然、後肢起立不能に。2か所の動物病院で治療受けるが、
積極的な手術の話はなく、ステロイド剤投薬や患部レーザー照射をおこなうが、好転なし。
初診時で、発症後すでに10日経過。後肢の感覚や自力排尿便はあるが、起立は全くできない状態。
症状による5段階評価の3番目。本来なら手術適応です。
しかし、すでに時間経過が長いこと、運動制限は当初よりできていること、症状の進行はないこと、
飼主が鍼灸治療を望んでいること、などから、当面は鍼灸治療で反応をみることに。
最初は週3回の治療で、1週間後には後肢を踏ん張って起立しようとする動きがみられ、2週間後には
なんとか起立できるようになりました。週2日の治療にしてさらに2週間、治療開始後1か月、合計10回の
治療で、ふらつきながらも歩行できるまで回復しています。
現在も週1回の治療と自宅での徹底した運動制限は続けています。
12月中旬には治療もひと区切りつくものと思っています。


初診時(10月16日)。まったく起立できない状態です。


治療後1か月(11月15日)。ふらつきはありますが、充分歩行できます。

このように椎間板ヘルニアによる起立不能には、運動制限と鍼灸治療が効果的です。
ただし、このレベルも含めて、自力排尿便麻痺や後肢端痛覚無しなどのさらに重度な症例には、手術による治療をまず勧めています。
すべて、鍼灸治療で治るわけではありませんが、非常に有効な治療であることは間違いありません。
飼主さんと十分話し合ったうえで、治療方針を決めておこないます。

手術しようかどうか迷っている方、手術したが治らなかった方、まずは一度診察にお越しください。
わかりやすく納得できる治療法を見つけるため、御説明いたします。

この記事をはてなブックマークに追加

お灸は熱くないのです、心地よいものなのです。

2013年11月24日 | 鍼灸治療について
お灸は熱くてつらいもの、じっと耐えて我慢するもの。
そんな先入観で、鍼灸治療を敬遠していませんか?
特に関西では「やいと」と呼ばれ、私のおばあちゃんの背中にも
大きな「やいと」の痕があったのを憶えています。
あまり良いイメージはありません。
確かに熱いものなのですが、動物の場合は被毛があるので直接皮膚に接していません。
「灸点紙」と呼ばれる粘着シートを貼ってからおこないますので、細かな温度調節が可能で、被毛が焼けることもありません。
また、「台座灸」を使用するとじんわり、ゆっくり温熱効果が広がります。
ウサギから大型犬まで、どんな動物でも気持ちよさそうに、お灸をさせてくれます。
その心地よい雰囲気に、飼い主さんまで癒されるほどです。


     「灸点紙」を貼ってその上にお灸をしています。


     「台座灸」は紙製台座にもぐさが乗っています。やんわり効きます


  うさぎに「台座灸」をおこなっているところです。敏感なうさぎでもまったく嫌がらずじっとしています。

この記事をはてなブックマークに追加

鍼灸治療は痛くありません。

2013年11月24日 | 鍼灸治療について
鍼を刺したりお灸をしたり、痛そうで熱そうで、なんだかかわいそう。
そんな先入観で鍼灸治療を敬遠していませんか?
実はそんなことはありません。心地よい刺激で、本当に気持ちよさそうにします。
使用する鍼は、小型犬や猫なら「01番鍼」、直径はわずか0.14mmです。
中型犬でも「1番鍼」、直径は0.16mmです。刺入時でも、ほとんど痛がりません。
さらに肢端などの敏感なところは「接触鍼(ダイオード鍼)」を使用します。
これは名前の通り、経穴に接触させるだけで、もちろん痛みはありません。
鍼治療は、心地よく気の流れを整えるためにおこなうものです。
1本1本、脈をはじめ、体の変化を診ながら進めていきます。
一度にたくさんの鍼を刺すようなことはしません。
動物に我慢を強いる治療ではありませんので、ご安心ください。


  黄緑の柄が01番鍼、赤い柄が1番鍼


  M・ダックスの「大椎」という経穴に01番鍼を刺入しています。


  ダイオード鍼

この記事をはてなブックマークに追加

獣医中医師の資格を取得しました。

2013年10月24日 | 鍼灸治療について
以前より、中医学に興味があり、いろいろな講習会や勉強会に参加しながら勉学を積み重ねてきましたが、
平成23年10月より、獣医師向け中医学の専門学校である日本獣医中医薬学院(東京都武蔵野市)に入学し、
月2回、2年間、合計40回、200時間に及ぶ講義と実習を受け、卒業試験にも及第し、「獣医中医師1級」を取得しました。

独学ではない正しい中医学教育による、正しい中医学理論に基づく、正しい鍼灸治療がおこなえると自負しています。

体を痛がる、後ろ足が弱くなってきた、元気がない、尿漏れをするなどの症状を、歳のせいだとあきらめている方。
たくさんの慢性疾患を抱えて、検査と投薬を繰り返しながら、だんだん衰えていくのが心配な方。
薬に頼らずに、鍼灸治療を中心とした治療をしてあげたい、と思っている方。

そして、なによりも動物に苦痛を与えることなく、「癒しと安らぎを与えながら治療したい。」と願っている方。

一度、御相談下さい。そして、一度、治療してあげてください。
その良さと効果を実感していただけるものと確信しています。




この記事をはてなブックマークに追加