深川小学校 日々のできごと

深川っ子の学習や生活の様子、季節、地域の話題をお届けしています。学校をより身近に感じていただけたら幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

入学サポートプログラム①

2010年02月01日 | 学校生活

1月30日土曜日、4月に深川小学校に入学する子どもたちが、保護者の方と来校しました。入学式まであと2ヶ月。新1年生の親御さんたちの今の気持ちは、期待と不安の両方さまざま。

 4月の入学式を安心して迎えていただくためと、就学前の生活から小学校生活にスムーズに接続していくために、本校では、昨年度から、入学前に親子それぞれコミュニケーションを図る場を設けています。これが、「親と子の入学サポートプログラム」です。簡単に言えば、小学校入学に向けてのソフトランディングです。江東区の小学校では、現在深川小だけが行っている取組です。

 プログラムは、親向けと子ども向けに分かれ、それぞれ専門の講師により展開されています。 親向けプログラムの講師は、NPOハートフルコミュニケーションのハートフルコーチの平松容見子先生。入学前に親として心構えておきたいこと、特に子どもに教えたい3つの価値観「愛すること」「責任」「人の役に立つ喜び」について話していただきました。体験型ワークショップを取り入れた子育てコーチングプログラムです。

 

自己紹介タイム。自由に移動し、3分間で5人に自己紹介(左の写真)。少しずつ緊張がほぐれ、参加された保護者の方々からも、笑顔がたくさん。その後、平松先生のお話を聞きながら、子どもへのサポートについてグループで意見交換(右の写真)。はじめて出会った親御さん同士も多かったのですが、自分の家のことや子どものことなど、楽しくおしゃべりをしながら、「知り合い」を作っていきました。 「いつもお子さんに言っている言葉はどんな言葉か?」など、お互い考えさせられてしまう場面も。

 ハートフルコーチ平松先生によるコミュニケーション作りやコーチング育成の手法はさすがにプロ。学校でも保護者会など取り入れていきたいものです。親御さんたちの安心感が、子どもたちに与える影響は、とても大きいからです。 平松先生曰く「参加されたみなさん、ノリがよかったので、次回も楽しみです。」 

 子ども向けプログラムの講師は、東京のびのび教室代表の小林龍央(りゅうお)先生。昨年も本プログラムでお世話になった他、今年度3年生5年生のグループワークコミュニケーションでもお世話になりました。

 

  

こちらも自己紹介ゲーム。じゃんけんして勝ったら、相手からおはじきをもらえます。そして、手作りの名刺交換。初めてのお友だちとも、お話しできました。

 まだ、知らない子に声をかけられず、スタッフの大人たちに声をかける子もいましたが、大丈夫。サポートプログラムは全部で3回。徐々に慣れていけばいいのです。入学期に、少しでも不安がとれていればいいなと思います。

はじめは中へ入れなかった子も、気がついたら一番前にすわって、りゅうお先生の話を聞いていました。

 

りゅうお先生が大事にしていること。ただ遊んで楽しかったで終わらせず、振り返りをすること。 今日、どうだったか、自分で自分の気持ちにたずねさせていました。結果よりそこに至るまでのプロセス(過程)、友だちとのかかわりを大事にしてします。

また、あいさつやきちんと人の話を聞くことも、教えられていました。これらのことは、学校に入っても 大事なことです。次回は、2月12日(金) 15時から 入学説明会と並行して、サポートプログラム(子ども向け2回目)があります。りゅうお先生によると、今度は学校の中をたんけんする予定です。お楽しみに!親子そろってのプログラムの次回は、3月 6日(土)14時から16時までです。 

またお会いできるのを心待ちしております。(2回目からの参加でもご心配ありません。)  

                                                        (author: 学校担当者)

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1年生の図工 展覧会の作品づ... | トップ | 展覧会の展示始まる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。