ぐーそれ日記

芸能、ショッピング、社会ニュースに、ひとくちコラム。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はだしのゲンがついにドラマ化

2007-08-06 11:17:49 | Weblog
〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻
中沢 啓治
汐文社

このアイテムの詳細を見る


マンガの名作はだしのゲンがついにドラマ化されるようだ。

これまでなぜされなかったのか疑問に思えるほどの名作である。

表現の処理の仕方とスポンサーなどとの兼ね合いなど、政治的なことなどいろいろあったに違いないが、しかしよくクリアしてドラマ化にこぎつけたものだ。

はだしのゲンは、1972年に「週刊少年マガジン」の漫画家自伝企画の第1弾として掲載された、中沢の自叙伝『おれは見た』を元に、脚色を交えて1973年から「週刊少年ジャンプ」での連載が始まった。

これを強烈なマンガ体験としている人は少なくないと思う。

作品の内容、表現等について様々な意見があるが、作者の実体験に基づく原爆の惨禍や当時の時代背景・世相風俗を良く表現していながら、教育的なだけではなく優れたエンターテインメントとしても見せる名作として国内外での評価は高く、映画・アニメ・ミュージカル・絵本化もされている。

どんな風にドラマ化されるのか楽しみだ。
ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 櫻井淳子さん御出産! | トップ | AAA 米国でのスプレー落... »

あわせて読む