離婚に苦しむ人へ

今、苦しんでいるあなたへ再起のための智慧を届けます。

幸福度について

2017-05-16 00:00:01 | 日記
今日は、先日コメントくれている方もいましたが、

幸福度に関する調査の記事を添付します。

http://toyokeizai.net/articles/-/171174

日本という文化が独特であることもわかるでしょうし、

幸せかどうかは、既婚、未婚の問題ではないことがわかるはずです。

そして記事にもあるように、

結婚している人の幸福度が高いという点にはかなり疑問が残るということです。

そう思い込もうとしている要素があるということです。

いつもいうように、

自分自身、シングルで成熟していて、幸せな人間が

結婚したらさらに幸せになるのであって、

未熟な人は結婚しても未熟なままです。


もうひとつは、ブラッドピットさんの記事です。
誰にとっても、苦しいものです。
それをどうとらえて、どうつなげていくかがその人の力です。

http://www.bbc.com/japanese/39802793


ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保留も大切 | トップ | プロセスに逆らわない »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ガッツ)
2017-05-17 16:51:35
お久しぶりです。相変わらず絶望しかない毎日を送ってます。
どうしてもっと強い精神を持って生まれて来なかったのか…
Unknown (Unknown)
2017-05-17 19:03:46
なかなかに苦しい毎日です。
全てを他人のせいにするわけではないのですが、私は自分の両親と相手の両親に自分が築き上げた家庭を壊されています。
私は自分の両親が大嫌いだった。
なのに彼らは私に執着して寄りかかった。
元相手の両親も然り。
結局、耐えきれなくなって潰れてしまった。
悔しく、恨めしいです。
それでもまだ私に執着する両親。
娘に寄りかかる元妻の両親。
何もかもにうんざりです。
なぜ、こんな親の子として生まれたのか。
人生の主導権を取り戻すために、大袈裟でなく、命をかけて戦わないといけないのかもしれません...。
Unknown (Unknown)
2017-05-17 22:10:47
例えどうあろうと、
ここまでの経緯が誰の何がどう悪かろうと、
今目の前に広がっているこの世界と、
この先ここを歩いて行くのは自分自身に他ならず、
この人生はオーダーメイドで私だけのものなのだと、
思うようにはしています。

そう思うことに意識を一心に集中出来るときは、
辛かったことも苦しかったことも、
だからといってどうしようもないじゃないか。
もうどうにもならない済んだことだ、と思えます。

なのに何故かすぐに引き戻されて、
打ちひしがれて、手足をもがれた木偶のように、
うずくまって動けなくなります。
何がこんなに哀しく苦しいのでしょう。

本当は失った伴侶への愛情ではないと気づいて来ました。

自分がなにか、ある意味自分自身で、
どうしようもなく悪質な駄々をこねているような、
そんな感じさえします。

自分自身をどう説得すればいいのか、
いつまでも駄々をこねていないで、
歩き出させられるのか、途方に暮れています。
Unknown (Unknown)
2017-05-18 09:15:43
もうすぐ離婚から1年。
言いようのない孤独感に苛まれ続けています。
誰にも理解してもらえない苦しい気持ち。
仕事も、一時期は無理して行っていましたが、環境の変化とともに休みがちに...。
ダメだなあ、とため息をつく毎日。
死んでしまいたいと毎朝思うくらい、ただただ苦しいです。
どうしよう...。
Unknown (Unknown)
2017-05-19 09:47:24
毎日無理やり生きていても、
ただ生きるだけでもお金は掛かりますから、
あくせく仕事をし、身の回りのこともしないとならず、
だけど楽しいこともないわけなのだから、
無理やり何か日々を過ごしてただ生きる為だけ。
どうしてこんな不毛なことを、
今更繰り返さないとならないのか?
そんな考えに陥ってしまいます。

結婚がそんなに素晴らしいものだとも、
全能だったとも思いませんが、
自分のためだけに生きることの意味も、
また大したものでもなかったとしか思えません。

きついです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。