育毛の道案内人が綴る事実・現実
育毛のご相談者の薄毛の悩みを伺っていると、発毛・抜け毛で頭皮と心身を壊して毛を無くしている事実と現実があります。
 



【効果があれば増える】

何か効果のあるものを使えば増える!と信じている人と、その何かを使えばすぐに増えると思っていらっしゃる人がとても多いです。

その何かとは、たいていの場合シャンプーやら育毛剤だったりします。
「効果のあるものがあれば増えるやろ!」とか「シャンプーが悪いからシャンプーを替えれば増えるやろ!」と考えてしまうのです。

特に薄くなり始めて危機感を覚えた当時に、たいていの人は上記のように考えて育毛剤を探し回ります。

それで効果に繋がれば良いのですが、良い感じに思えるのは最初だけで、続ければ続けるほど効果が無くなるだけでなく、悪化していくか頭皮が赤くなるとかフケ症になるとか被れるとかの異常をきたします。

【2ヵ月やそこらで効果は出ない】

何かをすれば増えるのではないのは、その人の習慣の中に薄毛の原因があるからです。その原因を潰さずに効果だけで簡単に増えるほど育毛は甘くはありません。

また、2ヵ月やそこらの短期間で効果に結びつくなんてこともありません。最短でも半年くらいはかかり、そこから順番に生え替わりながら良くなっていくので、本当に効果を感じるのは1年以上も先の話になります。

毛の生え替わるサイクルに応じて効果は出ているのが髪の毛だからです。

ただ、将来的に効果に繋がるだろうな、と思える反応が頭皮や髪の毛に出てきます。
それを感じるのに4ヵ月前後もかかります。

【毛が増える前兆を感じていますか?】

毛が将来増えるであろう前兆と言うものがあります。抜け毛が減ることでもなければ、発毛することでもありません。

もし、あなたがそれを知りたいのなら、今お使いの育毛剤を売っているところやケアを受けているところに聞いてみて下さい。

この前兆をちゃんと教えてくれないところは、育毛に関しては何も知らない可能性が高いです。もしくは、あなたを騙しています。

まぁ、何かすれば、使えば増えることもないし、すぐに効果が出てフサフサになることもないのです。
こんな希望を叶えてくれるような商品や方法は危険極まりないと言えますね。

どうように、何かを止めたら増えることもありません。ご相談時によく言われるのが、「カラーを止めて1年も経つのに増えない!」です。カラーは薄毛の原因の一つですが、これだけで薄毛になっているのではないから、カラーを止めることは大事ですが、止めたから毛が増えるようになるのではないのです。

髪の増え方

本日のテーマそのままの内容でYouTubeで語っています。

メールマガジン「育毛法を探るコツ」

無料のメールマガジン「育毛法を探る12のコツ」のご講読は以下からメールアドレスをご登録下さい。育毛相談の内容を元にして配信します。あなたの薄毛を治す方法が見つかるかもしれません。

昨年「mfo」と言うアプリでメールマガジンのバックナンバーをお知らせしていました。現在、「mfo」は動作していませんので、ダウンロードしていらっしゃる方はスマホから削除して下さいませ。

その代わりにlineにてバックナンバーをお知らせしています。

スマホ・携帯の方はlineにて友達して下されば2週間に1回バックナンバーのURLをお知らせします。[ID:@epc8977v]
友だち追加

hotmail・outlook・msn等のフリーのメールアドレスにはメールマガジンを受信できません。

yahoo!メール・Gmailのフリーのアドレスの場合、迷惑メールに入っていることが多いので迷惑メールでない処理をして下さい。

スマホ・ガラケー等のモバイルで受信する場合は、セキュリティ設定でドメイン[@genki-life.net][@39auto.biz]に受信許可を与えないと受信できません。lineにて友達申請して下さるのが良いかと思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 湯シャンのや...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。