鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士事務所  

法律問題でお悩みならお気軽にご連絡くださいませ。鹿児島県内出張可能!土日祝も対応しております!

相続人と遺族の違い748

2014年10月24日 15時30分38秒 | お知らせ

鹿児島で遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

③そもそもあまり必要性を感じない

夫婦財産契約自体が活躍するとすれば、離婚時の財産分与か相続ぐらいではないでしょうか?

確かに結婚はする前と後では違うと言う場合があるとは思いますが、(私は独身のためよく分かりませんが)権利意識の強い欧米人ならともかく典型的な日本人である私などは法律の専門家であってもその必要性を全くに近いぐらい感じませんし、後に紹介していきますが、例えば婚姻後購入したマイホームなどは妻が専業主婦であっても財産分与が認められる場合が多いですし、実際離婚時にはそのマイホームを妻に与えて夫は別の場所に住むことも多い事例です。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

※土日祝も営業しております!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相続人と遺族の違い747 | トップ | 相続人と遺族の違い749  »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お知らせ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。