鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士事務所  

法律問題でお悩みならお気軽にご連絡くださいませ。鹿児島県内出張可能!土日祝も対応しております!

相続人と遺族の違い1109(法定相続情報証明制度13)

2017年05月16日 10時20分29秒 | お知らせ

鹿児島で相続に関するお悩みをお持ちなら柏・藤原合同事務所お気軽にご相談くださいませ

前回は時事ネタを取り上げました。

今回もその続きです。

兄弟姉妹の戸籍はいまだ父母の戸籍上にある場合は別途とる必要はありませんが、結婚等で転籍しているときには別途必要となります。厄介なのが転籍を繰り返しているときにはその都度追っかける必要が出てきて、その方の最終本籍まで自治体ごとに取らなくてはならないことも少なくありません 。さらに兄弟姉妹が死亡しているようなとき、大きく分けて3つのパターンがあります。子や配偶者なしに死亡しているときには同時存在の原則により相続人とはなりませんので不要です。次に被相続人より先に死亡しているけど子供がいるとき、この時には子(被相続人から見て甥姪にあたる)は代襲相続人となるので、その子すべて取る必要が出てきます。更に被相続人の死亡後に兄弟姉妹が死亡していた時、もしその死亡した兄弟姉妹に配偶者及び子がいたときには一旦兄弟姉妹が相続人となった後の兄弟姉妹自身が被相続人となる相続となるので配偶者及び子が相続人となり其々重複している部分を除き戸籍を取る必要が出てきます。

こんなことは滅多に無いんじゃないかと思われるかもしれませんが、今現在進行形で取り扱っているのがまさにこのパターンで相続人は(兄弟姉妹の子や配偶者も相続人となっているので)10人、戸籍取得だけで2万円以上(郵便代も含む)かかっています。

しかもこのようなことは多いわけではないけれど、珍しいというわけでもありません。

次回に続きます。

ここまで読んでいただき有難うございます。

 

柏・藤原合同事務所藤原司法書士事務所 

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/index.html  

0120-996-168

 

遺産分割、相続放棄などの相続手続き、相続財産調査その他相続に関するお悩みをお持ちならお気軽にご相談くださいませ!

 債務整理等もその他養育費に関する随時相談受付中!

行政書士との合同事務所なので幅広い相談に対応しております! 

相談だけなら料金は掛かりません! 

お気軽にご連絡ください!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相続人と遺族の違い1108(法... | トップ | 相続人と遺族の違い1110(法... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。