For Body _ Blog

   「身体のこと」について考えてみる。

身体のことはやめられない

2017年08月10日 | レッスンについて
昨日の記事で、

レッスンなり、稽古なり、練習なりをするのであれば、
1回、1回、その都度、
進歩、成長、上達するのは、当たり前


と述べさせていただきました。

ある程度、慣れたことであれば、おおむねは、ゆるやか右肩上がり...

レッスン後は、毎回、
”穏やかな充足感に満たされる”
的な...

ではありますが。
都度の変化は少なくとも、それが毎回、確実に積み重なってゆくと...

一週間、一ヶ月、三ヶ月、半年、一年...
経つうちには、恐ろしいほどの差になってくるのです。

さらに。
そんなゆるやかな右肩上がりの日々の中で、
コペルニクス的転回(発想を逆転させることで、新たな道が見出されること)
とも言うべき、劇的な変化が訪れることがあり...

そんなときには。
”さなぎが蝶になる”
ような、鮮烈な経験をすることになります。

しかも。
そんな劇的な変化が起こる回数すらも、着実に増えてゆき...

ときには。
劇的な変化の連鎖が起こり...
”日々新しく生まれ変わるかのような”
ということすらも、起こります。

こうなってくると。
「本当に、身体のことはやめられない」
と、思いますし、

「どうせ、やるなら、それくらいを目指していただきたい」
とも思うのです。

目指すだけなら、ノーリスクです。
まずは、その志だけでも、持ってみるところから、始めてみてはいかがでしょう?

その志を、実現するためには....
まずは、レッスンにお越しください。

身体は必ず、変わります。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現状維持で満足するなかれ | トップ | 過渡期のリスク »