For Body _ Blog

   「身体のこと」について考えてみる。

『十二月大歌舞伎』

2016年12月10日 | 映画・観劇など
『十二月大歌舞伎』
歌舞伎座


歌舞伎のチケットは、おおむね、チケットぴあの先行抽選でとるのですが...
今回、先行抽選のお知らせを見逃したらしく...('~`;)

「あ!
十二月大歌舞伎!」

と、気づいたときには、ぴあでは、
「この日しか、行けない」
という日のチケットが完売していたという... ┐(´∀`)┌

試しに、松竹のサイトを確認してみたところ...
「意外といい席が残ってる...」

というわけで。
行ってきました、
『十二月大歌舞伎』

『十二月大歌舞伎』
は、
第一部 午前11時~
第二部 午後3時~
第三部 午後6時30分~

の三部構成で...

第三部は、
『二人椀久』
『京鹿子娘五人道成寺』


なんと、玉三郎さまの踊りの演目二本立て!

「見らいでか!」

さて。
お席は、一階、11列目の最上手で...
あいにく、花道からは遠いですが、舞台からはけっこう近いポジション。

『二人椀久』
松山太夫 玉三郎
椀屋久兵衛 勘九郎


玉三郎さまの
『二人椀久』
なら、やはり、相手役は仁左衛門(十五代目)さんくらいじゃないと...
と思わないでもないですが...

玉三郎さまの
『二人椀久』
が観られるだけでも...ね。

今回の相手役は、中村勘九郎(六代目)さん。
勘九郎さんの踊りの演目を観るのは初めて...かな?

花道。
「お。
けっこういいかも」
「やはり、御曹司は違うわ~」
「品がありますよね」
「あ~。
やっぱり、日本舞踊っていいわぁ~」

などと思っておりましたが...

その後、舞台中央。
「か、顔がゴツい...かも」

そして。
玉三郎さまが登場以後は、
「あれ?
勘九郎さん、スカスカしてない?
ひょっとして、体調悪い?」


並んじゃうとね...

そして。
『京鹿子娘五人道成寺』
白拍子花子 玉三郎
白拍子花子 勘九郎
白拍子花子 七之助
白拍子花子 梅 枝
白拍子花子 児太郎

所化(お坊さん) 20人

女方舞踊の大曲『京鹿子娘道成寺』を、この度は五人で踊り分ける特別な上演となります。
五人の花子が魅せる華麗な舞踊をお楽しみください。


”五人の花子が魅せる華麗な舞踊”
「な、なんて、ゴージャスな... ('~`;) 」

しかし。
「玉三郎さまだけを、思う存分、堪能したい...」
という気持ちも...

ただ。
「道成寺」
を、フルで踊りきるのは、体力的に大変ですので...

玉三郎さまの「道成寺」が観られるだけでよしとしましょう...
などと思ったり。

最初の踊り手は、中村七之助(二代目)さん。
そこに勘九郎さんが加わり...
兄弟の舞。

ガッチリした勘九郎さんと、
華奢な七之助さん、
産み分け成功してるよね...
などと思ったり。

「兄弟で、白塗りして、女装して、すごい世界だな~」
などと思ったり。

第一段は、中村ご兄弟
第二段は、七之助さん
で...

「思った以上に玉三郎さまの踊りが少なかったら、どうしよう... ((( ゜д゜;))) 」
と、ヒヤヒヤしたり。

玉三郎さんは、第三段、乱拍子でバ~~~ンと登場!
そりゃそうですよね。

で。
「5人て、斬新だわぁ~」

これまで、
『二人藤娘』
等、
”本来、一人で踊る演目を二人で踊る”
という演目は観たことはありましたが...

やはり。
”二人”
をはるかにしのぐインパクトでございました (゜∀゜)!

玉三郎さまが登場していらっしゃるときは、玉三郎さまに釘付けなのですが...

それでも。
”五人”
のすごさは伝わってきたんですよ~

単に大人数で踊るだけでなく、
心憎い趣向の数々で...

「道成寺」
もともと華やかな演目ですが...

それがさらに、
「ド派手 (*゜ロ゜) !!」

ものすご~く、わくわくしてしまいまして...
終盤は、鼻血を出さんばかりに興奮してしまいました ('~`;)

やはり、わたくし。
歌舞伎の
「ご見物(観客)を驚かせてナンボ!喜ばせてナンボ!」
というところを何よりも愛しているんですよね~ ┐(´∀`)┌

しんどいところは、若手に任せ、玉三郎さまは、ややゆるっとではありましたが...

「このくだりは観たい!観せて!」
と思っておりました玉三郎さまの、
鞠歌
くどき
鈴太鼓

も、観られましたし...

「また観たい!」

さて。
中村兄弟。

七之助さんの踊りは、これまでに数回拝見しておりますが...
「きれいだけど、
うまいけど、
人形みたい?
なんだかスポーティー?」

と思っておりまして...

今回、勘九郎さんと踊っているのを拝見して、
見た目は、七之助さんの方がきれいなのですが...
なんだか、勘九郎さんに目がいってしまうんですよね~

なんというか。
勘九郎さんの花子、味があるんですよねぇ...

『京鹿子娘五人道成寺』
玉三郎さまの絶頂期には、成立しない企画かもしれませんが...
玉三郎さまの絶頂期の状態でも、観たかった演目です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« * 準備中 2 * 【基礎クラス... | トップ | 【基礎クラス_コンディショ... »