FUJISUZUKO

藤鈴呼

小説  君の名は。

2016-10-19 09:47:05 | Weblog





(角川文庫) 新海 誠  著

即興ゴルコンダ


以下は投票時に残したコメントです

*

某「君の名は。」小説を読み終えた後だから
猶更そう思うのかも知れませんが

小説のなかにでてくる 黄昏時の別名
「カタワレ時」のイメージが
強く浮かびました

切なく 強く 甘く 美味しく 素敵な世界が二つあったら
お得だなあ なんてことも 妄想しつつ・・・★

・・・え゛、「某」になってないじゃあないか?って
失礼いたしました~。

*

映画を先に観て 少しタイムラグがあって
小説を読破しましたので
読みながら映像が浮かぶ感覚でした

表紙も馴染み深くなる程に あちらこちらで眺めたので
手にしやすい一冊かもしれませんネ

映画の中で一番好きだった「音」はというと
組み紐のシーンで 
紐の束を集めた錘のようなものが触れ合う時の
コロンコロン カツンカツン のような音でした

聴いた瞬間に
嗚呼 とても心地良いなあ・・・と

映像や小説のみならず音でも楽しめた一時なのでした♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 235・236号 完成♪
 
★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水に問う | トップ | 面じゃない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む