FUJISUZUKO

藤鈴呼

ゴージャス☆うわお

2017-03-13 11:00:05 | Weblog







パソコンの起動画面で
王女になったかの錯覚を抱ける
一瞬がある

嗚呼 此処は
藤鈴呼王国なんだなあ~
(何のこっちゃ)

毎度 毎度 ニンマリしそうになるのは
メーカー名の FUJITSU 

この文字が出てくるたんびに
次に出てくる
 
FUJISUZUKO を
連想してしまう

逆も また 然り
恣意的ニンマリは 留まる事を 知らない

先日 レガ子のメーターに反応した夫
まあ 何時も 語呂合わせ的キリ番で

停止出来ずにスルーしてしまった! と
嘆くのが 常なんですね

Ex:あ゛あ゛~っ
 12345キロを 見逃した~っ!

Ex:お前、、、俺の見ていない処で 
 77777キロを 堪能しやがったな~っ!

そんな夫が 自宅駐車場に留めた瞬間
ニヤケづいた

夫「フフフフフ」
私(ゾクッ)「・・・どしたん?)

夫「メーターを見よ」
私「ふーん、、、末広がりやなっ♪」

夫「俺は! 絶対に!!
 88888の瞬間を!!!」

(ここで 盛大な溜息)

夫「とか何とか言ってっと
 その瞬間は お前が そうとは気付かず
 走っちょんのやろうなぁ・・・」

語尾の余韻が哀しくて
思わず大爆笑(非道妻)

わはは
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

パソコンの王宮・・・
いや 迷宮画面ですが

後ろにある透明ケースの山が 
映り込んでいます

今回 引っ越し後に揃えた
ケースの山

正に 末広がりチックな様相を
呈しておーる

だが 有事の際には
全て飛び出して来そうで
少し 怖い

毎回 寝室の枕位置には
気を遣います

以前は 北枕かどうか、が
第一の懸念事項でしたけれども

最近では
衣装ケースや本棚の向きによって

頭に直撃を避けるように、
これが 第一の案件ですね

迷宮・・・で 思い出すのは
昔懐かしいファミコンソフト

迷宮組曲

何や可愛らしいキャラクターが
ちょこまか動いていたような
ゲームだったなあ~(遠い目)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ウィニー・ザ・プー
アラン・アレクサンダー・ミルン/著、阿川佐和子/訳

この本は みゅうメンバー「ロト」の元に
「本の旅」をしている最中です♪


感想が遅くなりました★

まず プーさんの成り立ちを
全く知らなかったので

「へえボタン100連発」の気分でした☆

そして 実在するモデルのぬいぐるみを
ウィキペディアで眺めながら 

親子の愛情へ
想いを馳せたのでしタ!

元々の石井さん訳と 違うのかどうかは
分からないけれども 

今回読んだ中で
一番 好きなフレーズが
「バカなくまちん」

この呼び方をされたら 
何だか ニンマリしてしまいそう♪

そして はちみつを舐めたくなる一冊☆
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めての裾上げ | トップ | ホニャイトデー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事