FUJISUZUKO

藤鈴呼

ジゴロ 読了

2017-03-20 14:36:28 | Weblog





時頃過ぎて
字語呂合わせの
ジゴロかな

*

伊集院静さんの本を初めて読んだのは
数年前だったかも知れません

今回はブックオフで衝動買いした
「ジゴロ」を読破しました

クリスマス(聖夜)に生まれた
「十七歳の彼」が主人公の話です

いや、その母親
「ローズ」も主人公だし

「父親を語る幾人もの男性達」も
然りなのかなあ

ジゴロ、と聞くと
「ろくてもない奴」ってな印象を持ちます

今で言う
「ヒモ」的 感覚かなあ

だけど 
この本の中で描かれる「ジゴロ」は

何となく
「可愛気のある守るべき存在」
めいているんですね

「渋谷の吾郎」を
「ブヤのゴロー」と
ルビ振って

肩で風を切って歩いて行く姿が 
恰好良く 描かれている

ザ・漢気! を 感じられました

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 完杯ならぬ・・・ | トップ | We Are X »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む