富士スバル 太田店

~ STIカフェのあるお店 ~

第38回親と子の夏休みスバル工場見学教室

2017-08-10 10:59:41 | すなブロ

昨日9日、今年で38回目になります

「第38回親と子の夏休みスバル工場見学教室」が

開催されました。

早速のレポートです。

当日朝は、太田店STIカフェに集合です。

バスが到着するまでお寛ぎいただきました。

バス到着です。

1号車は、SUBARUカラーのカッコイイバスです。

太田店スタッフ笑顔でお見送りです。

    

㈱SUBARU群馬製作所矢島工場内スバルビジターセンター到着です。

開会式(オリエンテーション)の後

スバルビジターセンター見学です。

1階展示ルームを通過して2階へ向かいます。

2階スバルヒストリーコーナーです。

手前に真っ赤なスバル1000が展示されています。

百瀬晋六さんのレリーフとスバル360のクレイモデルです。

 続いて1階エントランスです。

レヴォーグのパワーユニットのモデルです。(左右対称なのが良くわかります)

こちらは新型インプレッサ

スバルグローバルプラットフォームのモデルです。

1階エントランスからは、T1練習機「初鷹」が見えます。

ここ矢島工場で生産されたスバル車は、世界110ヶ国へ輸出されています。

続いて、1階展示ルーム見学です。

スバル360から初代サンバーです。

スバル1000スバルff‐1 1300Gです。

こちらは、ブラットです。

アルシオーネです。(当時のキャッチコピーはオトナアヴァンギャルドでした。)

初代レガシィツーリングワゴンです。 

 2014年開催のジュネーブ・モーターショーにおいて、

出展した、ハイブリッド車の次世代クロスオーバー・コンセプト

SUBARU VIZIV 2 CONCEPT(スバル ヴィジヴ 2 コンセプト)」です。

皆さまに大人気でした。

一時代を築いた、インプレッサWRカーです。

 

続いて、スバルP1(スバル1500)と初代スバル360です。

ちょうど1年前に、手前のスバル『360-K111型』が、

日本機械学会により2016年度「機械遺産」に認定されました。

続きまして、2階、スバル安全・安心コーナーです。

(みなさまに一番アピールさせていただきたいところです)

まずは、事故を起こさな技術(スバルアクティブセイフティ)です。

スバル独自技術の水平対向エンジンとシンメトリカルAWDです。

進化を続ける、スバルの「衝突安全」(パッシブセイフティ)。

最後は、スバルフューチャーセイフティ

皆さまから、ご支持をいただいております、スバル独自技術

「スバルアイサイト」です。

 

参加された皆さま、本当に熱心に説明を聞いて、

積極的に質問をされていました。

 

以上、私のは、ここまでです。

この続きは、当社ホームーページ/お知らせ/newsを、ご覧くださいませ。

 

本日の上毛新聞にも、大きく掲載されました。

 

スバルファンが、一人でも多く増えますように・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8/9(水)ご納車のお客様 | トップ | 新型レヴォーグの試乗車について »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。