藤城博の後悔

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ときであったり

2017-07-08 09:15:20 | 日記
これからも日本国内においては、ほとんどの銀行などの金融機関は、既に国際的な市場や取引にかかる金融規制等が強化されることも考えて、財務体質等の一段の強化、それに加えて合併・統合等を含む組織再編成などまでも積極的に取り組んできています。
外貨商品。外貨預金とは?⇒銀行が取り扱っている外貨建ての商品の一つのことであって、米ドルなど外国通貨によって預金する。為替の変動によって発生する利益を得る可能性が高い反面、同じ原因で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
預金保険機構(1971年設立)が預金保護のために保険金として支払う補償額(ペイオフ解禁後)は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円(決済用預金は全額)"ということ。、日本銀行だけではなく日銀、加えて民間金融機関全体が同じ程度の割合で
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法の定めに基づき、保険の取り扱いを行う企業は生保を扱う生命保険会社もしくは損保を扱う損害保険会社のどちらかになり、これらは内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている者以外は行えないのです。
いわゆるバブル経済(日本では昭和61年からが有名)というのは不動産や株式などといった時価資産が取引される価格が行き過ぎた投機によって実体経済の実際の成長を超過してもなお高騰し続け、当然の結果として投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指す言葉。
バンク(銀行)という単語は実という単語はイタリア語のbancoに由来するもので、ヨーロッパ最古といわれる銀行とは15世紀にジェノヴァ(現在のイタリア北部)で設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行という説が有力だ。
バンク(bank)はもともとイタリア語のbancoという単語(机、ベンチという意味)に由来している。ヨーロッパでもっとも長い歴史を持つ銀行。600年以上も昔、15世紀の頭に豊かなジェノヴァ共和国で設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行といわれている。
覚えておこう、外貨両替はどんな仕組み?例えば海外を旅行するときであったり外貨が手元になければいけない場合に利用されている。しかし円に対して不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する動きもある。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。
【解説】株式⇒出資証券(有価証券)であって、企業は出資されても出資した者に対して出資金等の返済しなければならないという義務は発生しないということ。もうひとつ、株式は市場価格での売却によって換金するものである。
未来のためにもわが国内に本部のある金融グループは、国内だけではなく国際的な金融規制等(市場や取引)の強化も視野に入れて、財務体質を一層強化させることだけではなく、合併・統合等も組み入れた組織再編成などに積極的に取り組んできています。
将来を見据え日本国内においては、ほとんどの銀行は、強い関心を持って国際的な金融規制等(市場や取引)の強化もしっかりと視野に入れ、財務体質等の一層の強化や企業同士の合併・統合等も組み入れた組織の再編成などに精力的な取り組みが行われています。
よく聞くコトバ、金融機関の格付け(ランク付け)とは→信用格付機関によって金融機関、金融商品または企業・政府などに関する、信用力(支払能力など)を一定の基準に基づいて評価・公表する仕組み。
郵政民営化に伴い誕生したゆうちょ銀行によって取り扱われているサービスは一部を除いて郵便貯金法(昭和22年-平成19年)の規定に基づく「郵便貯金」は適用せず、民営化後適用された銀行法に基づいた「預貯金」に沿ったサービスということ。
きちんと理解が必要。株式の内容⇒債権ではなく出資証券(つまり有価証券)であり、株式に記載されている企業には当該株主への返済に関する義務はないきまり。加えて、株式は売却によって換金するものである。
格付けによる評価を活用するメリットは、わかりにくい財務資料が理解できなくても評価によって金融機関の財務状況が判別できる点にあります。ランキング表を使えば複数の金融機関の健全性を比較することも可能となる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 業者が「やってはいけないこと」 | トップ | 預金者1人当たり »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。