アラやそ(八十)のメモ帳

知らない間に変えられる介護保険制度、介護保険サービスはどうなる。今年は昭和92年

孔雀シャボテンの鉢に野生のペチュニアが

2017-07-12 01:26:44 | 日記
写真は孔雀シャボテンの鉢にペテュニアが咲いてきたもの。事故のため後遺症が残り、3年以上畑の野菜とベランダの花から遠のいている。

ところが、花の名前も忘れていたが、ペテュニアが、勝手に生えてきた。おそらく、この鉢に別の鉢にある土を少し追加したことがあり、その中に昔のペチュニアの種が沢山の残っていて、その一つが、丁度発芽条件に合って、発芽し成長し最近開花したもので、生命力に感心する。場所が日当たりに恵まれていないので、花は少し小さい。
その上、ベランダでビル花が風にあたって、曲がっている。

鉢の孔雀シャボテンは初夏に赤い大きくてきれいな花を咲かせるが、段々弱ってきて、今年は咲かなかったのに、変わってペテュニアが咲いてくれた。

孔雀シャボテンは、この鉢の隣に白い種類が一鉢あり、今年も4個ほど咲いてくれた。ベランダは、これらと、アロエ一鉢、サボテンの果肉植物だけになってしまった。

今日でかけた道端で、きれいにいっぱい咲いているペチュニアをみつけた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 介護保険サービスにいくつも... | トップ | 健康保険、高額療養費の適用... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。