アラやそのメモ帳

知らない間に変えられる介護保険制度、介護保険サービスはどうなる。今年は昭和91年

旧市民病院の待合室にMCIの検査表

2016-10-18 23:15:12 | 高齢医療と介護保険
藤沢市民病院は長期間かけて増設計画が進行中で、昨年10月にまず東館が完成し、広くなり、すべてに快適になっている。
旧市民病院の2階専門外来の待合室に、MCIの検査の掲示があったので、それをメモしておいた。
 1.同じ話を無意識に繰り返す
 2.知ってる人の名前が思い出せない
 3.物のしまい場所を忘れる
 4.漢字を忘れる
 5.今しようとしたことを忘れる
 6.器具の説明書を読むのを面倒がる
 7.理由もないのに気がふさぐ
 8.身だしなみに無関心である
 9.外出をおっくうがる
10.物(財布など)が見当たらないことを他人のせいにする

「点数」 0:ない 1:たまにある 2:ひんぱんにある

 0~ 8 正常です
 9~13 要注意
14~20 診断が必要  
お心当たりのあるかたもないかたも、一度セルフ検査をやってみてはいかが。

運転免許の高齢者講習会には以前から認知症テストが加わっている、それを昨年8月に受けて、結果を聞いているので、まだまだ自分は大丈夫と思うのだが、”今しようとしたことを忘れる”、”器具の説明書を読むのを面倒がる”などの項目でちょっと自信がなくなる。しかし、"漢字を忘れる"、”外出するのをおっくうがる”などはあたってないと思うので、まだまだMCIも認知症も大丈夫と思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健常者と認知症の中間にあた... | トップ | 認知症と介護保険の認定区分 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。