アラやそ(八十)のメモ帳

知らない間に変えられる介護保険制度、介護保険サービスはどうなる。今年は昭和92年

高齢者の高額医療費が8月からあがる

2017-07-31 01:37:44 | 高齢医療と介護保険
本年平成29年8月から、70歳からの高齢医療について個人負担分が上がる。いわゆる高額療養費と呼ばれるものだが、これまで窓口で払う医療費の限度額が月額で44,400円だったものが、57,600円になり、増加率はなんと29.7%にもなる。

消費税の2%増税が景気減速を起こしかねないと、2回目の2年先送りになった代りに、4月から健康保険や後期高齢制度の保険料は上がるし、8月からは、高齢者の高額医療の窓口負担限度額が上がることになって、該当者はさほどないというものの、該当者にとっては3割も上げられるのはきつい。

高齢というのは、70歳から74歳は国民健康保険あるいは会社員、公務員の健康保険制度のなかで変わり、75歳からは一つの制度、後期高齢者医療制度でかわることになる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エアヒルズ藤沢の建設が進ん... | トップ | 国民年金保険料の未納率と保... »

コメントを投稿

高齢医療と介護保険」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL