アラやそ(八十)のメモ帳

知らない間に変えられる介護保険制度、介護保険サービスはどうなる。今年は昭和92年

端午の節句の意味、阪神は貯金5

2017-05-05 16:23:46 | スポーツ
5月5日、今日老舗の和菓子屋で柏餅を買ったが、なかに端午の節句の意味を書いたものが入れてあった。それによると、端午の端ははじ/最初の意味で、午はうま、最初の午の日におこなわれた厄払いの行事のこと。
午とゴロが合う五のつく日を大切な厄払いの日として定着したようです。

阪神タイガースは、昨日、ヤクルトに大勝して、昨年来6度目の挑戦で念願の貯金が5となった。金本阪神になって、初めてのことで喜ばしい。

首位広島も勝ったので2ゲームの差は埋まらなかったが、この調子で首位を狙う。
今年はメッセの4勝0敗はじめ防御率が2.65でリーグ2位であることと、打線が良くて、チーム打率.250でこれもリーグ2位をであり、投打とも良いことが2位を維持している理由にあげられる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマホは役立つ、スマホは必... | トップ | 阪神タイガース、本拠地甲子... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。