アラやそ(八十)のメモ帳

知らない間に変えられる介護保険制度、介護保険サービスはどうなる。今年は昭和92年

”教祖の変説、アベノミクスはどこへ”‥‥リフレ政策は無駄だったか

2016-12-13 13:26:52 | 政治・経済
2016年    検索   訪問      順位
12.12(月)244PV 164IP 15318位/2642137ブログ
12.11(日)522PV 141IP 11849位/2641645ブログ
12.10(土)492PV 125IP 12163位/2641233ブログ
マイブログが訪問者が増え、gooブログ中の順位を1万位を切ることが当面の目標だが、昨日141IPで1万1千位まできたので、今日164IPと今年の最高を記録したので、目標達成するかと思いきや、1万5千位に落ちたので、がっかりである。内容のいいブログが一日で4千件も増えたと思えないので、よくわからない。

こんなことで一喜一憂してはいけない。今日の日刊紙経済欄、署名記事で、”教祖の変説、アベノミクスはどこへ”‥‥が投稿されている。
エール大学名誉教授の浜田氏、アベノミクスの主軸のリフレ(人為的にインフレを起こすこと)政策の提唱者(いわば教祖)であったが、最近、その説を撤回したというわけ。アベノミクスの終焉である。
カジノを含むIR法案を急に出してきたのも、矛先を変えるためかと思う。

筆者はすでに、現在公務員が多いことや年金生活者が増える一方である時代認識から、2%の物価上昇を望むのは無理、必要ないという自説をブログに載せているが、やっぱりという感じである。

アベノミクス全般が無駄だったかというと、一概に言えない。以前4.2%位の失業率だったのが、今では3.2%位になって、コンビニ業界など求人難の声がよく聞かれるようになって、デフレ基調は変わらないが、景気指標のいくつかは改善している。

すでに、米国は、利上げに踏み切り、欧州は量的緩和の縮小に切り変えているのに、日本は、このまま行きたいとようだ。これは、多分に我が国の行政や年金のことを含む社会体制が、戦艦化していて、急に曲がりえないことが大きいのではと思い、政府のかじ取りに、もっと真剣になっていただきたいと思う次第。
簡単に、年配者の年金カットだけを考えないでほしい。

それにしてもgooブログの日日、5百ぐらいずつ増えているのには驚きである。現在264万ブログ。どこまで増えるのだろう。手っ取り早く、取った写真の発表先として使われているのだろう。私は忙しいので一つも訪問出来ず失礼してます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 500円の年賀状ソフトを使って... | トップ | Windows10 印刷のプリントサ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL