アラやそ(八十)のメモ帳

知らない間に変えられる介護保険制度、介護保険サービスはどうなる。今年は昭和92年

確定申告 寄付金が思わぬ多額の税額控除

2017-02-22 01:20:29 | 年金・税金
今日は、一日中快晴であったが、裏日本が雪のため表日本の湘南地方も大変寒かった。寒さもこれが峠かなと思う。

国税庁の作成コーナーを使って確定申告の入力を続けているが、今日は寄付金を入れてみた。

昨年春、藤沢市市民活動推進連絡会に再生パソコンを1万円の寄付をして手に入れたが、それの照明書を送ってくれたので、認定NPOへの寄付として入力したところ、自動的に思わぬ4割にあたる3,200円の税額控除が受けられることになって有り難い。所得控除は0円である。

普通の寄付なら、所得控除が8千円あるだけなので、最低税率なら、所得税で5%、次の年の住民税で15%、合計で1600円程度安くなるであろうというのと、ずいぶん学的に違い、所得税ですぐに還付される方が有難い。

寄付金が相手にによっては、確定申告で多額の還付があることで、税務署がこの時期混雑する理由の一つだなと思った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 王将の生餃子のテイクアウト... | トップ | Windows10 プリンターをタス... »

コメントを投稿

年金・税金」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL