アラやそ(八十)のメモ帳

知らない間に変えられる介護保険制度、介護保険サービスはどうなる。今年は昭和92年

小田原停車のひかり 新大阪駅のホームがややこしい

2017-07-15 08:38:28 | 日記
小田原停車のひかりは、藤沢等に居住するものには、有難い列車である。新横浜まで行かずに、こだまより段ちに早いひかりが安い料金で使える。座席指定をとなくても良い。これの自由席が5号車まであるのも嬉しい。ただ朝の往きと夕方の帰りに2時間置きに3本あるだけである。

新大阪駅のホームがややこしい。もうダイヤが30年以上変わってないのだが、これまでは帰りは京都から乗ることが殆どで、問題がなかったのに、昨日は阪南中央病院に行かなくてはならなかったので、始発新大阪になった。

新大阪は在来線と一駅違うので、それだけでも、大変なのに、駅すぱーとの出力をもっていって、間違いなく27番線、ひかり532号東京行き18時18分発なのだが、出発近くになっても2台の大きなディスプレーに該当列車の表示がでないのである。
聞く人がいないので、27番線に長いエスカレータで登ったが、そこには後に発車するのぞみが入線していて、そこでも駅員がいないので、急いで下りて隣のホームにあがったが、目指すひかりは無かった。

ただそこには、駅員さんがいてくれて、やっと理由がわかった。もうひとつ隣の番ホームが正解で、もう間に合わなかった。しかし、詳しく教えてくれて、紙にも書いてくれて助かった。それは目の前に止まっているひかりの自由席で名古屋までのり、小田原どまりの本来のひかりに乗り換えできることでことなきを得た。
本当に助かった。これで、21時半頃藤沢に到着して、予定通り早く帰ることができ、家族を安心させられた。

駅すぱーとも見逃した、ホームの情報、表示できないほど、始発列車・運行列車がある新大阪駅ではあるが、結局は、コンピュータや装置の能力をこえた人間の親切心とラッキーと言うことばしかなかった。

ついでに、JR東海さんに言いたいのは、外が暑く汗をかいた身には、冷房が効きすぎです。何とかしてください。
長袖の上着と、半そでの下着を用意し自衛してたのがよかった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康保険、高額療養費の適用... | トップ | 今年のプロ野球は予想外、外... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。