アラやそ(八十)のメモ帳

知らない間に変えられる介護保険制度、介護保険サービスはどうなる。今年は昭和92年、大正106年

日本シリーズ 4勝2敗で日ハムが優勝、最後は予想外の大差

2016-10-29 14:42:26 | プロ野球
日本シリーズ第6戦、日ハムが最後は10対4の大差で地元広島を下し、大方の予想を覆し、シリーズの優勝を決めた。

この試合、日ハムのリードに広島が7回までに追いつき、4対4のタイスコアに持ち込んだが、8回の日ハムは中田の押し出しフォアボールで勝ち越し、さらにバースのタイムリーが→続き、レアードの満塁ホームランが飛び出して試合を決めた。

大谷翔平はもちろん活躍したが、中田翔も今日の満弾レアードも一昨日の満弾の西川も、バース投手も大活躍で、誰がMBPか分からず、広島はエルドレッドが選ばれていたが、一つ間違っていれば、広島に同じようなヒーローが現れていたわけで、今日終わってしまったので、黒田投手の引退を飾れたのが変わってしまって、大谷投手の出番がなく、世間のながれからすると、後味の悪いシリーズになってしまった。

このシリーズ、野球は2アウトからというのがあたっている展開が多かった気がする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湘南ライフタウンにパナソニ... | トップ | 日本ハム10年前の日本一の... »

コメントを投稿

プロ野球」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL