アラやそ(八十)のメモ帳

知らない間に変えられる介護保険制度、介護保険サービスはどうなる。今年は昭和92年

サ高住はワンルームの賃貸マンションである(4)

2017-05-19 00:39:53 | 高齢者住宅
最近の新築のサ高住の広告は、高級な有料老人ホームと見間違うほどのキーワードが並んでいる。

今年3月から入居を開始した、NTT都市開発の「ウェリスオリーブ鵠沼松が岡」は、
・看護師常勤のサービス付き高齢者向け住宅
・お元気な方から、要介護5まで方の受け入れ
・温暖な気候に恵まれた退院後の療養型住居として
・提携医療期間との連携による24時間緊急対応

募集要項は、
・賃料(月額):10万1千円~21万6千円
・住居専有面積:18.90㎡から47.74㎡
・間取り:1R、1K,1DK,2DK
・基本サービス費:38,880円
・食費:朝食345円、昼食702円、夕食702円

基本サービス費の内容として、コンシェルジュ、見守り、生活支援、健康相談

総戸数63戸、鉄筋コンクリート造り地上3階建て
鵠沼松が岡という立地条件のため、やや高いが、年金プラス貯えで、高齢独身者が払えない額ではないので、税金の補助金を使って、次々とサ高住は建っていく。

介護保険料財政のなかから、これら施設でのサービスに毎月の保険金が使われる。
これらがどんどん建つごとに、本来の家庭・家族むけの介護サービスは後退せざるを得なくなっている。
一昨年8月殆どの人の本人負担額が1割から2割と倍額に変更された。また昨年から、要支援1と要支援2が、国からの介護サービスはカットされ、自治体の介護予防サービスに移行したが、そのあらわれであり、これからもサービスの低下は避けられない。
国民は保険料は天引きなどでひかれるが、給付内容は十分に知らされないで変わっていく。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サ高住はワンルームの賃貸マ... | トップ | スマホ操作で覚えたこと得し... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。