まほろば日記

fujioの日常の出来事、記録等を思いつくままに書いた日記です

念願かない大伯皇女の斎宮(いつきのみや)址に行く

2016-12-23 19:27:05 | 日常
平成28年12月20日
念づれば花開く。
心の中に強く思い、念じていればその望みは実現できる。
正にその通りです。

万葉集、4500首の中には数々のドラマが詠われております。
その中でも大伯皇女、大津皇子の姉弟の物語は一番強く惹かれます。
私も同じような境遇であり姉と弟の心情は誰よりもよく理解できます。
姉は弟にとつて母と同じです。まして早くして母を亡くし、身寄りのない二人にとってその絆は深いことでしょう。
大津皇子が葬られた二上山にも行った。謀反の罪で処刑された磐余の池跡にも行った。後は謀反の罪で拘束される直前に姉に会いに行った伊勢の斎宮とはいかなる処なのか。飛鳥から伊勢の斎宮までは約100キロあります。隠密の旅ですから夜間人目につかないよう険しい山道をひそやかに馬を走らせたことでしょう。
いつか三重県に行く機会があるのではと資料を集めておりました。
多忙な歳末ではあるがそのチャンスが到来した。12月20日朝8時着の名古屋に輸送する仕事が入った。これ以上の好機はない。正に念づれば・・・である。

斎宮とは古代史最大の戦と言われる壬申の乱で勝利し天下を取った天武天皇が伊勢神宮の神のご加護ののおかげであるとし神へのご奉仕をするため斎宮が設けられた。その斎宮の主は斎王と呼ばれ天皇家の未婚の女性が選ばれその天皇の御代一代を務め、天皇が変わればまた新しい斎王がえらばれた。
制度として確立されたのはこの大伯皇女からで以降南北朝時代まで660年間続いた。
斎宮の場所は伊勢神宮の西方10キロの位置にあります。
近鉄山田線の斎宮駅の北側です。私は斎宮とは小さな神舎の様な建物かと考えていました。
実際宮内庁が管理している「史跡斎王宮址」とされているのは今は「斎王の森」と言われている狭い範囲でした。
ところが昭和45年、団地造成工事の時、馬蹄型の硯「蹄脚硯(ていきゃくけん)」が発掘されました。これは宮中で使われる貴重な品物であり重要な建物の遺跡があるとして発掘が開始され現在も続けられていますが全体からするとまだわずかの範囲であるといわれています。
その規模は東西約2キロ、南北約0,7キロ、総面積約137ha(甲子園球場の35個分)と広大なもので小さな都の感がします。それというのも街路は「碁盤の目」上の整然としたもので一遍120mで施工されています。役所も都と同様な13の司が設けられて、500人近い役人が務めていました。
斎王の仕事は伊勢神宮で催される年3回の月例祭に参加すること。1回が2から3日ですから後は神への祈ㇼをささげ日々と大勢の女官に囲まれ都さながらの雅な生活を送っていたようです。
それにしてはこのような広大な施設、多くの人員で莫大な費用が掛かったことでしょう。なぜこのようなものが必要だったのでしょうか。
今後の宿題としましょう。

壬申の乱以降は天皇は神として表現さえるようになりました。
万葉集には「大君は神にしませば・・・」という表現が始まりました。
天皇の権勢の大きさを表す言葉で財力もあったのでしょうが武士の時代になればその勢いもなくなり斎宮が維持できなくなlるたのでしょう。
斎宮跡には発掘の展示物や斎宮に関するいろいろな資料、歴史が勉強できる「斎宮歴史博物館」があります。
丁寧に見て回れば1日でも費やされそうです。
また駅の近くには「いつきのみや歴史体験館」があります。
こちらは平安時代の斎王や王朝貴族の暮らしや蹴鞠、お香遊び、双六遊びが体験できます。
予約すれば平安装束の試着も体験できます。
ボランチアガイドの方からいろいろと案内していただきました。
展示品の中には天皇、皇后、斎王限定のお輿も展示されていました。斎王の地位の高さを知りました。
帰路に名張市にある大伯皇女が晩年を過ごしたとされる「夏見廃寺」に立ち寄りました。

 この史跡公園は平成27年4月24日「祈る皇女斎王のみやこ斎宮」として日本遺産に認定されました。

斎宮歴史博物館
三重県多気郡明和町竹川503
TEL 0596-52-3800
観覧料:一般340円、大学生 220円、高校生以下 無料
開館時間:午前9:30から午後5時
休館日:月曜日(祝日を除く)
    12月29日から1月3日
駐車場 無料
交通案内 近鉄斎宮駅より徒歩15分
     伊勢自動車道 王城ICより車で約20分
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 煙石さんにわずかな望み,生... | トップ | 夏見廃寺に立ち寄る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL