まほろば日記

fujioの日常の出来事、記録等を思いつくままに書いた日記です

天空の城 「竹田城跡」に登る。

2016-09-19 20:12:13 | 日常
平成28年9月18日
今日、朝着で福知山に行く仕事が入り,みんなも多忙の為私が行きました。製品にミスがあり今回の輸送依頼となったのですが出荷元の工場が迅速な対応をされお客様も喜んでおられました。
このようなお客様に感謝される仕事は本当にうれしいですね。
福知山に行くのなら絶対に行きたいところがあります。
天空の城「竹田城跡」です。日本の100名城に選ばれており、白雲に浮かぶ山城として有名で「日本のマチュピチ」と呼ばれるほど有名になっています。
入城者数は平成17年には1万2千人程でしたが25年にはなんと連続して50万人を超えたというほどの人気急上昇しています。高倉健さんの「あなた」や黒田官兵衛等の映画やドラマの舞台に登場したためでしょうね。
場所は朝来市(あさごし)和田山町にあるJR西日本の播但線「竹田駅」に裏側にそびえる353mの古城山山頂にある山城です。市街地のすぐそばにある山です。石垣が残るだけで建物はありません。山頂部分全部がお城の石垣です。大きさは南北約400m、東西約100m。小さな天守台を中央に配置し、本丸、二の丸、三の丸が配され、両端に、北千畳、南千畳が設けられています。急峻な山城ですから360度の絶景が楽しめます。
自家用車は「山城の郷)まででここに駐車場があり、ここからバスに乗り換えてお城に行きます。道が狭いため一方通行になつています。中型バスが頻繁に循環しています。50万人もの観光客を捌くのですから手順は充実しています。交通整理員、バスの案内人、お城には案内人がおられ見どころなどを詳しく説明されていました。この話聞くとためになりました。観光客の沢山来られるので資金も潤沢なのでしょう。掃除もいき届き、設備も充実しています。私は11時過ぎに到着し入場券(500円)を購入したのですが入場者数を尋ねますと800番目位とのこと。天候が悪いけれど2000人くらいは来られるのではと言われました。このペースですと年間では30万人くらいが入場するペースです。この小さなお城に30万人とはすごいですね。このお城の魅力は城本体ではなく、雲海に浮かぶお城の景色です。このお城を展望するには向い側にそびえる朝来山(751m)が最適な展望地です。私も来たついでに立ち寄りましたが10人余りの人しか出会いませんでした。この山は山陰随一の山桜の名所で「但馬の吉野」と呼ばれています。その山の中腹には「立雲峡」と呼ばれる公園があります。そこまでは車が入ります。そこから170m位登ったところに第一展望台があり、そこまで登りましたが横から眺めた様な展望で、絵葉書にあるような上から俯瞰したような景色は頂上まで登る必要があるようです。
11月には雲海に浮かぶお城が見られるとのこと。素晴らしい光景が眺められ来たかいがありました。今度来た時には山頂から雲海に浮かぶお城を眺めてみたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平台車のような奇妙なトラッ... | トップ | お彼岸にヒガンバナ 咲く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL